« 宮前区歴史ガイドまち歩き(菅生) | トップページ | 宮前区歴史ガイドまち歩き(有馬) »

宮前区歴史ガイドまち歩き(野川)

宮前区歴史ガイドまち歩き(野川)は野川台公園から野川神社まで、遺跡をめぐる全長3.5kmの散策コースです。コースの説明とマップはその4野川にあります。

野川第一公園をスタートとします。

バス道路を横切り、梨畑の脇を歩き、法螺貝谷天神谷の谷間の道を歩きます。おくまん坂を下りきると矢上川に出合います。
おくまん坂

山下橋を渡り、更に、尻手黒川線の上野川交差点を横切ります。坂を上り始めると巡拝塔があります。
巡拝塔

更に坂を上ると子育て地蔵があります。
子育て地蔵

更に坂を上り、上り切った第三京浜に出会うあたりに巡拝塔があります。
巡拝塔

影向台橋で第三京浜を渡り、影向寺方向に向かいます。寺の手前に庚申塔があります。
影向寺前庚申

すぐそばに影向寺があります。影向寺は聖武天皇の勅命で奈良時代に建てられた川崎市で一番古い寺院です。本尊薬師三尊像は国の重要文化財に指定されてます。
影向寺

そこから、たちばな古代の丘緑地の橘樹郡衙跡に向かいます。橘樹郡の役所跡です。影向寺と橘樹郡衙跡は川崎市で唯一の国史跡です。
橘樹郡衙跡

影向寺方向に戻り、野川神明社に向かいます。野川神明社境内は、弥生時代後期の古墳が4つあった場所だそうです。また、縄文時代前期の家の跡が発見されています。
野川神明社

そこから勧進坂を下るとゴールの中原街道に出会います。
勧進坂

« 宮前区歴史ガイドまち歩き(菅生) | トップページ | 宮前区歴史ガイドまち歩き(有馬) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮前区歴史ガイドまち歩き(菅生) | トップページ | 宮前区歴史ガイドまち歩き(有馬) »