« とある科学の超電磁砲 | トップページ | とある科学の超電磁砲 スペック(239ver) »

とある科学の超電磁砲 分析結果(239ver)

239ver分析結果
本計算に関する各項目の説明および計算方法については、分析結果の解説に解説してあります。

【基本性能】
├実大当り確率=1/239.0
├実継続率=86.4%
│(特図1:48.1%,特図2:92.4%)
├平均出玉有連チャン数=7.35
│(特図1:1.00回、特図2:6.35回)
├連チャン回数分布
│(単発:51.9%)、(2連:0.0%)、(3連:0.0%)
│(4連:10.9%)、(5連:0.0%)、(6連:0.0%)
│(7連:8.4%)、(8連:0.0%)、(9連:0.0%)
│(10連:6.5%)、(11連:0.0%)、(12連:0.0%)
├分布の変動係数=1.48(標準偏差10.88回)
├連チャン払出玉=3,320個
│(22.1R×10C×15個)
├連チャン差玉=2,910個
└一撃差玉1万個以上の確率=7.42%

【性能指標】
├削り無等価ボーダー=20.5/貸250玉
├1R当たりのトータル確率=1/10.8
├NMRS=3.50(N=1/239.0、MRS=837.2)
├電サポ率=86.6%(回転数),31.5%(発射玉)
├玉持ち=低ベース機の1.04倍(ベース22.2)
└90%収束=307,735回転(初当り1,288回)

【4時間遊技ボーダーライン】
単位:貸250玉当たりの回転数
無効玉=計6.9%(削り1.5%,確変ベース90)
換金率=貯玉2500/日、当日持玉、一回交換
├等価4円交換=22.0、22.0、22.0
├3.57円交換=22.6、22.8、24.7
├3.33円交換=22.9、23.3、26.5
├3.00円交換=23.5、24.0、29.4
└2.50円交換=24.5、25.4、35.3

【総大当たり回数分布】
発射玉を1分間80発と想定。
平均大当り消化時間を16.8分と想定。
【ラウンド消化0.6分,電サポ消化16.2分】
《等価ボーダー+2回転率時(24.0回転)》
【遊技時間=1時間;4時間;10時間】
【平均総回転数=348;1,390;3,475回転】
├初当り=0.0;5.8;14.5回
├最頻値=0;1;3回
├中央値=0.0;1.0;15.7回
├平均値=1.8;7.3;21.4回
├標準偏差=6.3;11.0;18.9回
├歪度=5.59;2.70;1.58
└尖度=41.92;10.01;3.42
《等価ボーダー回転率時(22.0回転)》
【遊技時間=1時間;4時間;10時間】
【平均総回転数=325;1,299;3,247回転】
├初当り=0.0;5.4;13.6回
├最頻値=0;1;3回
├中央値=0.0;0.9;15.5回
├平均値=1.8;7.2;21.2回
├標準偏差=6.3;10.9;18.8回
├歪度=5.63;2.71;1.59
└尖度=42.47;10.12;3.46
《等価ボーダー-2回転率時(20.0回転)》
【遊技時間=1時間;4時間;10時間】
【平均総回転数=301;1,204;3,009回転】
├初当り=0.0;1.0;2.8回
├最頻値=0;1;3回
├中央値=0.0;0.9;15.2回
├平均値=1.8;7.2;20.9回
├標準偏差=6.3;10.9;18.7回
├歪度=5.65;2.72;1.60
└尖度=42.74;10.18;3.50

【貸玉4円4時間遊技収支分析】
【無効玉補正=6.9%,貯玉2500個】
《等価ボーダー+2回転率時(24.0回転)》
換金形態:等価;貯3.57;3.57;3.00;2.50円
・還元率=109.1;101.9;91.5;71.1;55.7%
・平均収支=0.9;0.2;-0.9;-3.3;-5.3千円
・中央収支=-51.5;-52.2;-53.3;-55.7;-57.8千円
・最頻収支=-51.3;-52.0;-53.1;-55.4;-57.5千円
・標準偏差=16.2;14.5;14.5;12.2;10.1千円
・-3万以下=62.9;64.6;65.1;68.6;72.6%
・+収支=25.9;25.6;25.3;24.3;23.1%
・3万以上=18.0;17.1;16.9;15.0;12.9%
《等価ボーダー回転率時(22.0回転)》
換金形態:等価;貯3.57;3.57;3.00;2.50円
・還元率=100.0;93.9;84.9;67.1;53.1%
・平均収支=0.0;-0.6;-1.7;-3.9;-5.9千円
・中央収支=-56.4;-57.0;-58.1;-60.4;-62.3千円
・最頻収支=-56.1;-56.7;-57.8;-60.0;-62.0千円
・標準偏差=16.2;14.5;14.5;12.2;10.1千円
・-3万以下=63.2;64.9;65.4;68.9;72.9%
・+収支=25.8;25.3;24.9;23.9;22.8%
・3万以上=18.1;16.9;16.7;14.9;12.9%
《等価ボーダー-2回転率時(20.0回転)》
換金形態:等価;貯3.57;3.57;3.00;2.50円
・還元率=90.9;85.9;78.2;62.7;50.3%
・平均収支=-1.1;-1.6;-2.6;-4.7;-6.6千円
・中央収支=-62.2;-62.7;-63.8;-65.9;-67.7千円
・最頻収支=-61.8;-62.3;-63.4;-65.5;-67.3千円
・標準偏差=16.2;14.5;14.5;12.2;10.1千円
・-3万以下=64.1;65.9;66.4;70.0;74.0%
・+収支=25.2;25.0;24.7;23.7;22.6%
・3万以上=17.8;16.9;16.7;14.9;12.9%

 

« とある科学の超電磁砲 | トップページ | とある科学の超電磁砲 スペック(239ver) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とある科学の超電磁砲 | トップページ | とある科学の超電磁砲 スペック(239ver) »