« 新鬼武者 スペック(319ver) | トップページ | 火曜サスペンス劇場3最後の推理 »

新鬼武者 分析結果(319ver)

319ver分析結果
本計算に関する各項目の説明および計算方法については、分析結果の解説に解説してあります。

【広告】

 

【基本性能】
├実大当り確率=1/319.7
├実継続率=80.0%
│(特図1:80.0%,特図2:80.0%)
├平均出玉有連チャン数=5.00
│(特図1:3.00回、特図2:2.00回)
├連チャン回数分布
│(単発:20.0%)、(2連:16.0%)、(3連:12.8%)
│(4連:10.2%)、(5連:8.2%)、(6連:6.6%)
│(7連:5.2%)、(8連:4.2%)、(9連:3.4%)
│(10連:2.7%)、(11連:2.1%)、(12連:1.7%)
├分布の変動係数=0.89(標準偏差4.47回)
├連チャン払出玉=5,292個
│(35.3R×10C×15個)
├連チャン差玉=4,924個
│(内小当たりRUSH2.0回1,932個)
└一撃差玉1万個以上の確率=15.95%

【性能指標】
├削り無等価ボーダー=16.2/貸250玉
├1R当たりのトータル確率=1/9.06
├NMRS=1.58(N=1/319.7、MRS=506.4)
├電サポ率=28.5%(回転数),2.5%(発射玉)
├玉持ち=低ベース機の0.91倍(ベース9.9)
└90%収束=156,669回転(初当り490回)

【4時間遊技ボーダーライン】
単位:貸250玉当たりの回転数
無効玉=計5.0%(削り4.8%,確変ベース90)
換金率=貯玉2500/日、当日持玉、一回交換
├等価4円交換=17.1、17.1、17.1
├3.57円交換=17.7、17.9、19.1
├3.33円交換=18.0、18.4、20.5
├3.00円交換=18.6、19.1、22.8
└2.50円交換=19.6、20.4、27.3

【総大当たり回数分布】
発射玉を1分間80発と想定。
平均大当り消化時間を3.3分と想定。
【ラウンド消化1.4分,電サポ消化2.0分】
《等価ボーダー+2回転率時(19.1回転)》
【遊技時間=1時間;4時間;10時間】
【平均総回転数=327;1,308;3,269回転】
├初当り=0.6;4.1;10.2回
├最頻値=0;8;31回
├中央値=0.1;11.9;34.5回
├平均値=2.8;14.2;36.8回
├標準偏差=4.4;9.8;15.7回
├歪度=2.46;1.09;0.67
└尖度=8.30;1.65;0.62
《等価ボーダー回転率時(17.1回転)》
【遊技時間=1時間;4時間;10時間】
【平均総回転数=295;1,179;2,949回転】
├初当り=0.5;3.7;9.2回
├最頻値=0;7;29回
├中央値=0.0;10.7;31.7回
├平均値=3.3;13.0;34.0回
├標準偏差=7.4;9.5;15.3回
├歪度=2.77;1.13;0.70
└尖度=8.64;1.76;0.68
《等価ボーダー-2回転率時(15.1回転)》
【遊技時間=1時間;4時間;10時間】
【平均総回転数=262;1,049;2,623回転】
├初当り=0.5;2.4;6.2回
├最頻値=0;6;25回
├中央値=0.0;9.6;28.7回
├平均値=3.0;11.9;31.1回
├標準偏差=6.9;9.2;14.8回
├歪度=2.90;1.19;0.74
└尖度=9.65;1.94;0.74

【貸玉4円4時間遊技収支分析】
【無効玉補正=5.0%,貯玉2500個】
《等価ボーダー+2回転率時(19.1回転)》
換金形態:等価;貯3.57;3.57;3.00;2.50円
・還元率=111.7;107.2;104.6;94.1;83.6%
・平均収支=5.5;3.2;2.1;-2.5;-6.5千円
・中央収支=-9.8;-12.2;-13.2;-17.8;-21.8千円
・最頻収支=-29.1;-31.4;-32.5;-37.1;-41.1千円
・標準偏差=36.5;32.6;32.6;27.4;22.8千円
・-3万以下=31.5;32.6;33.0;35.2;37.5%
・+収支=41.9;40.4;39.5;35.4;30.6%
・3万以上=22.6;19.9;19.4;14.6;10.1%
《等価ボーダー回転率時(17.1回転)》
換金形態:等価;貯3.57;3.57;3.00;2.50円
・還元率=100.0;96.1;93.9;84.7;75.4%
・平均収支=0.0;-1.8;-2.8;-6.6;-9.9千円
・中央収支=-22.1;-23.8;-24.9;-28.7;-32.0千円
・最頻収支=-41.0;-42.8;-43.9;-47.6;-51.0千円
・標準偏差=36.5;32.6;32.6;27.4;22.8千円
・-3万以下=31.9;33.0;33.4;35.6;38.0%
・+収支=41.6;35.5;34.6;30.8;26.5%
・3万以上=22.4;16.8;16.3;12.2;8.3%
《等価ボーダー-2回転率時(15.1回転)》
換金形態:等価;貯3.57;3.57;3.00;2.50円
・還元率=88.3;85.0;83.0;75.1;67.1%
・平均収支=-5.9;-7.0;-8.1;-11.0;-13.6千円
・中央収支=-36.5;-37.7;-38.7;-41.7;-44.2千円
・最頻収支=-55.2;-56.3;-57.4;-60.3;-62.9千円
・標準偏差=36.5;32.6;32.6;27.4;22.8千円
・-3万以下=42.6;44.1;44.7;47.6;50.9%
・+収支=32.0;30.7;29.9;26.4;22.4%
・3万以上=16.0;13.9;13.5;9.9;6.6%

« 新鬼武者 スペック(319ver) | トップページ | 火曜サスペンス劇場3最後の推理 »

コメント

いつも拝見させていただいております。
ご質問があるのですが、

一撃1万個以上の確率はどのように算出されますか?

また、分布の変動係数が高い=出玉のばらつきが大きいということかと思いますが、つまりそれは射幸性が高いということになるのでしょうか?
変動係数が低いかつ一撃1万個以上確率が高い機種も射幸性あるいは出玉力が高いといえるのでしょうか?

1万個を1回の当たりの平均差玉で割った回数以上の連チャン回数を求め、その回数以上の確率の合計を一撃1万個以上の確率として計算してます。

爆発力を示す当たりと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新鬼武者 スペック(319ver) | トップページ | 火曜サスペンス劇場3最後の推理 »

無料ブログはココログ