« ダークフォース | トップページ | DD北斗の拳 »

顔認識防止眼鏡

パチンコのスペックを法律ではなく、パチンコ機器メーカーの組合である日工協で申し合わせて、規制したり、規制緩和したりしたものが内規とか取り組みです。

【広告】

 

<顔認識防ぐ眼鏡>福井・鯖江の商社が販売へ

掛けるとコンピューターが顔を認識できなくなる眼鏡を福井県鯖江市の商社が5月末に約3万円で販売する。特殊な模様のフィルターで光を反射・吸収し、目元の凹凸をわからなくする。

写真を見ると非常に目立つメガネです。こんなのつけたら逆に疑い持たれて監視されてしまいそうです。帽子で目をカメラから見えないようにした方がまだ目立ちません。

そういえば、ゴトをやった人の監視カメラ写真を公開している店がありますが、ほとんど帽子をかぶって、顔を見せないようにしてますね。

パチンコ店での顔認証システムは、ダイコク電機、オムロン、エムケイソリューションなどがあるようで、ゴト犯の入場認知、出入り禁止者の入場認知、のめり込み者の入場認知のために使用するようです。

常連客へのオモテナシにも使用するようです。遠隔で出したり、出さなくしたりでもするのかも。

顔認証システム CⅡFACE

CⅡと顔認証システムが合体することでホールコンピュータが飛躍的にパワーアップします!

オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

オムロンアミューズメントは、「パチンコ・パチスロイノベーションフェア2015」にて、顔認証システム「Ma:sus(マーサス)」を用いた「のめり込み防止ソリューション」を参考出展した。

本人や家族から申請のあった顧客の顔を登録しておくと、顔認証システムで対象者の来店を店側へ通知。来店頻度や滞在時間を把握できる。さらにメールアドレスを登録しておけば、本人や家族にのめり込み防止を促すメール配信をすることも可能という仕組みだ。今回は参考出展だが、要望があれば数か月で製品化も可能とのこと。

97%の認証精度を誇るパチンコ店向け顔認証セキュリティシステムが登場

エムケイソリューションは、パチンコ店などの遊技場での顔認証ソリューション「FAS(フェイス アテステーション システム)の提供を開始した。

防犯面においては、データベースに記録されている画像を元に要注意人物を設定しておくことで、カメラがその人物をとらえた際に管理室などに設置した管理用パソコンなどにアラームを通知。

それをもとに管理室にいるスタッフがインカム(無線)などを通じて、ホールスタッフに警戒をうながし、ゴト被害を未然に抑止することが可能になる。

ホールスタッフがゴト師の対応をしている間も、本システムが常に監視を続けているので、限られた人員でも店舗のセキュリティを維持することができる。

顔認証による検知で登録できるのは要注意人物に限らず、VIP客や常連客を登録可能。顧客ニーズに沿ったイベントや“オモテナシ”も実現できる。

« ダークフォース | トップページ | DD北斗の拳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダークフォース | トップページ | DD北斗の拳 »