« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

逆転裁判

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

メーカー:平和

スペック M4AY1
タイプ:ライトミドル小当りRUSH型V-ST
大当たり確率:1/249.2→1/65.5
小当り確率:1/1.01
賞球数:3&4&12&14/10C
├ヘソ:3個
├電チュー:3個
├その他:4個
├小当たり:12個
└大入賞口:12個
Vラウンド:1R×3C×12個
確変:51%→100%(ST80回転)
電サポ:20or80回転
ヘソ 特図1
├8R(実4R)確変(電サポ80回転+小当りRUSH):51%
└8R(実4R)通常(時短20回転):49%
電チュー 特図2
├14R(実12R)確変(電サポ80回転+小当りRUSH):50%
└2R(実1R)確変(電サポ80回転+小当りRUSH):50%
小当り
├1.5秒×1回:80%
└0.75秒×2回:20%
100個/分の発射で100%の入賞なら2.5個の入賞。50%程度として平均1.25回。
従って、純増は、(12-1)/1.01*1.25=13.6個/Gと想定。
分析結果サマリー
基本指標
├出玉有当たり継続回数:2.37回
├実質出玉有継続確率:57.7%
│(ヘソ39.9%、電チュー70.8%)
└無駄玉無平均獲得差玉:3,417玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:18.2回転/貸250玉
├貯玉使用不可・6時間・無駄玉補正時のボーダー
│・等価交換:19.1回転/貸250玉
│・3.57円交換:20.2回転/貸250玉
│・3.00円交換:22.1回転/貸250玉
│・2.50円交換:24.5回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/19.4回転
小当たりRUSHの出玉に大きく依存します。純増を17個/Gとすると、
・無駄玉補正無等価ボーダー:15.9回転/貸250玉
・無駄玉補正時のボーダー:16.6回転/貸250玉
と大幅に性能アップします。

スペック 9AW
タイプ:甘デジ小当たりRUSH付V-ST
大当たり確率:1/99.9→1/53.7
小当たり確率(特図2):1/1.01
賞球数:3&4&8&12/3or8C
├ヘソ:3個
├電チュー:3個
├その他:4個
└大入賞口:12個
Vラウンド:1R×3C×8個
確変:50%→100%(ST50回転)
電サポ:20回転or50回転
ヘソ(特図1)振分け
├8R(実4R)(電サポ50回転+小当りRUSH):50%
└8R(実4R)通常(時短20回転):50%
電チュー(特図2)振分け
├14R(実12R)確変(電サポ50回転+小当りRUSH):40%
└2R(実1R)確変(電サポ50回転+小当りRUSH):60%
小当り
├1.5秒×1回:80%
└0.75秒×2回:20%
100個/分の発射で100%の入賞なら2.5個の入賞。50%程度として平均1.25回。
従って、純増は、(8-1)/1.01*1.25=8.7個/Gと想定。
分析結果サマリー
├出玉有当たり継続回数:2.01回
├実質出玉有継続確率:50.3%
│(ヘソ39.6%、電チュー60.9%)
└無駄玉無平均獲得差玉:1,279玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:19.5回転/貸250玉
├貯玉使用不可・6時間・無駄玉補正時のボーダー
│・等価交換:20.3回転/貸250玉
│・3.57円交換:21.3回転/貸250玉
│・3.00円交換:23.1回転/貸250玉
│・2.50円交換:25.4回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/10.5回転
判別情報
通常時、探偵ボーナスの特殊図柄停止で探偵ボーナス。時短20回(小当たりRUSH無)の通常。
数字図柄揃いでST突入、小当たりRUSH付きの逆転ボーナス
従って、ボーナスの種類で確変か通常かは判別可。
ST中の小当たりと1R当たりは、演出上は同じで区別がつきません。
1R分のロング解放があれば1Rです。
ラウンドランプ2R表示で1R当たり、小当たりはランプが点灯しないものと思われます。
一般に1R当たりはカウンタリセット(大当り回数1増)、小当たりは回転数1増の設定になっていると思われます。

ランプ周辺図
Gakutenlump

セグ情報

セグを見なくても探偵ボーナスがどうかで、ヘソ確変、通常の区別はつきますが、セグものせておきます。
セグ番号はランプ周辺図に載せてあります。

ヘソ確変
1237,1247,1256,13457,134578,
1346,1356,137,14567,1478,
148,1567,2345,2378,2456,
2458,2478,2567,2578,2678,
3478,3578,4567,5678,

ヘソ通常
12356,1246,1248,125,1267,
1278,134,1358,1368,1458,
1678,23457,2346,2368,24567,
2457,2467,2468,248,267,
34568,3457,3567,3678,468,

風魔の小次郎

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

メーカー:サンスリー
自力獲得型のV確変とのこと。
初当たりが確変か通常かは大当り時に決まるのではなく、初当り消化中に6つ穴クルーン役物に玉を入れて確変を抽選するシステム。
6つのうち、2つのVに入賞すると確変。

スペック WBC
タイプ:ライトミドルV-ST
大当たり確率:1/159.8→1/95.8
賞球数:3&2&5&11/9C
┣ヘソ:3個
┣電チュー:2個
┣その他:5個
┗大入賞口:11個
Vラウンド:1R×9C×11個
確変:34.8%→100%(ST100回転)
電サポ:100回転
ヘソ 特図1
┣16R確変(電サポ100回転):1.1%
┣6R確変(電サポ100回転):1.1%
┣5R確変(電サポ100回転):32.6%
┗5R通常(時短100回転):65.2%
電チュー 特図2
┣16R確変(電サポ100回転):50%
┗6R確変(電サポ100回転):50%
分析結果サマリー
基本指標
├出玉有当たり継続回数:2.51回
├実質出玉有継続確率:60.2%
│(ヘソ53.0%、電チュー65.0%)
└無駄玉無平均獲得差玉:1,961玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:20.4回転/貸250玉
├貯玉使用不可、1500回転、無駄玉補正時のボーダー
│・等価交換:21.8回転/貸250玉
│・3.57円交換:22.9回転/貸250玉
│・3.00円交換:25.0回転/貸250玉
│・2.50円交換:27.6回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/7.3回転

スペック WBB
タイプ:甘デジV-ST
大当たり確率:1/77.7→1/65.9
賞球数:3&2&5&8/9C
┣ヘソ:3個
┣電チュー:2個
┣その他:5個
┗大入賞口:8個
Vラウンド:1R×9C×8個
確変:34.8%→100%(ST60回転)
電サポ:15or60回転
ヘソ 特図1
┣16R確変(電サポ60回転):1.1%
┣6R確変(電サポ60回転):1.1%
┣5R確変(電サポ60回転):32.6%
┗5R通常(時短15回転):65.2%
電チュー 特図2
┣16R確変(電サポ60回転):50%
┗6R確変(電サポ60回転):50%
分析結果サマリー
基本指標
├出玉有当たり継続回数:1.81回
├実質出玉有継続確率:44.8%
│(ヘソ32.4%、電チュー60.0%)
└無駄玉無平均獲得差玉:885玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:21.9回転/貸250玉
├貯玉使用不可、1500回転、無駄玉補正時のボーダー
│・等価交換:23.8回転/貸250玉
│・3.57円交換:25.0回転/貸250玉
│・3.00円交換:27.1回転/貸250玉
│・2.50円交換:29.8回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/5.5回転

ガチVチャレンジの打ち方
1.大当たり直後の1ラウンド目に右打ちして開放したアタッカーに玉を入れる
2.1ラウンド消化後、ストッパーによって停留された玉がクルーンへ
3.クルーン内で反時計回りの6つ穴回転体に落下し、2つのV穴のどちらかに入ればST突入確定
尚、3or7当たりは、ストッパー手前にあるスライド部分が引っ込んで直行でV穴に

判別情報
3or7以外の当たりは激闘Vチャレンジボーナスか、ガチVチャレンジ。
1R目にガチVチャレンジが発生し、V入賞すればSTの聖剣戦争モードへ。
V入賞を逃した場合は時短の夜叉一族の野望モードへの移行。

ヘルプ!!!恋が丘学園おたすけ部

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

メーカー:藤商事

スペック FPW
タイプ:甘デジST
大当たり確率:1/99.9→1/99.75
賞球数:3&2&3&10/7C
┣ヘソ:3個
┣電チュー:2個
┣その他:3個
┗大入賞口:10個
確変:100%(ST100回転)
電サポ:100回転
ヘソ電チュー共通
┣15R確変(電サポ100回転):30%
┗5R確変(電サポ100回転):70%
通常確率と確変確率がほぼ同じです。従ってST機といっても、実質100%通常の時短100のスペックと同じです。
分析結果サマリー
基本指標
├出玉有当たり継続回数:2.74回
├実質出玉有継続確率:63.5%
│(ヘソ63.5%、電チュー63.5%)
└無駄玉無平均獲得差玉:1,380玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:18.1回転/貸250玉
├貯玉使用不可、1500回転、無駄玉補正時のボーダー
│・等価交換:19.2回転/貸250玉
│・3.57円交換:20.2回転/貸250玉
│・3.00円交換:21.9回転/貸250玉
│・2.50円交換:24.1回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/4.6回転
ランプ周辺図
Koigaokalump
4大激アツ
・SRカード
・激アツ背景
・逆告白リーチ
・ガールフラッシュ予告(デートモード中)

ヱヴァンゲリヲン10セグ情報

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

セグ表・判定表
Eva10

使用セグ割振り表
SANKYO共通セグ割振り表 を使用。

セグ番号
①②③④
⑤⑥⑦⑧

割り付け順

マックスヘソ
4通60:2個 起動チャレンジ失敗時短60回
4通40:10個 起動チャレンジ失敗時短40回
4通20:5個 起動チャレンジ失敗時短20回
4確:15個 起動チャレンジ成功
0潜:10個 警戒態勢モード出玉無確変
実4確:46個 16R実4R当たり
4確:10個 起動チャレンジ勝利
実4確:2個 16R実4R当たり

マックス電チュー
実0通60:2個 バトル敗北時短60回
実0通40:10個 バトル敗北時短40回
実0通20:5個 バトル敗北時短20回
16確:50個 SUPER BIG BONUS
8確:8個 BIG BONUS
4確:14個 SMALL BONUS
実0確:11個 バトル敗北バトルモード昇格

ライトヘソ
3通100:5個 起動チャレンジ失敗時短100回
3通10:30個 起動チャレンジ失敗時短10回
3確:65個 起動チャレンジ成功

ライト電チュー
実0通100:5個 バトル敗北時短100回
実0通10:30個 バトル敗北時短10回
16確:12個 SUPER BIG BONUS
7確:11個 BIG BONUS
3確:41個 SMALL BONUS

セグリスト
表示順 セグ:マックスヘソ/電チュー、ライトヘソ/電チュー
1:4通20/実0通20、3通100/実0通100
12:0潜/16確、3通10/実0通10
123:4確/実0確、3確/3確
1234568:実4確/16確、3確/3確
1234578:4確/16確、3通10/実0通10
123458:4確/実0確、3確/3確
1234678:4通40/実0通40、3通10/実0通10
123468:実4確/8確、3確/3確
123478:実4確/16確、3確/7確
1235:実4確/4確、3確/3確
12356:実4確/16確、3確/7確
12357:4確/16確、3通10/実0通10
1236:実4確/16確、3確/3確
12367:4通40/実0通40、3通10/実0通10
1237:0潜/16確、3確/16確
124567:実4確/16確、3確/7確
12457:実4確/4確、3確/3確
12458:4確/16確、3通10/実0通10
12467:実4確/4確、3確/3確
12468:4通40/実0通40、3通10/実0通10
1248:実4確/16確、3確/16確
125:4確/16確、3通10/実0通10
125678:実4確/16確、3確/3確
12578:4確/実0確、3確/3確
126:4通20/実0通20、3通100/実0通100
12678:実4確/8確、3確/3確
13:実4確/16確、3確/3確
134567:実4確/4確、3確/3確
134568:4確/16確、3通10/実0通10
13458:実4確/16確、3確/7確
13468:実4確/16確、3確/7確
13478:4通40/実0通40、3通10/実0通10
1348:実4確/8確、3確/3確
135:実4確/16確、3確/7確
1356:4確/16確、3通10/実0通10
135678:4確/実0確、3確/3確
136:0潜/16確、3通10/実0通10
137:4通20/実0通20、3通100/実0通100
1456:実4確/4確、3確/3確
14567:4確/16確、3通10/実0通10
1457:実4確/16確、3確/7確
146:実4確/実0確、3確/3確
1467:0潜/16確、3確/16確
147:実4確/8確、3確/3確
148:4通40/実0通40、3通10/実0通10
15678:4確/16確、3通10/実0通10
1568:4確/実0確、3確/3確
1578:実4確/16確、3確/3確
1678:実4確/16確、3確/16確
178:実4確/4確、3確/3確
2:4通60/実0通60、3通10/実0通10
23:実4確/4確、3確/3確
234568:実4確/16確、3確/16確
234578:4通40/実0通40、3通10/実0通10
23458:実4確/8確、3確/3確
23468:実4確/16確、3確/3確
23478:4確/16確、3通10/実0通10
2348:4確/4確、3確/3確
235:実4確/16確、3確/3確
2356:0潜/16確、3確/16確
2357:4通40/実0通40、3通10/実0通10
236:実4確/16確、3確/7確
237:4確/16確、3通10/実0通10
2456:実4確/実0確、3確/実0確
24567:0潜/16確、3確/16確
2457:実4確/8確、3確/3確
2458:4通40/実0通40、3通10/実0通10
2467:実4確/16確、3確/7確
247:実4確/4確、3確/3確
248:4確/16確、3通10/実0通10
25:4通20/実0通20、3通100/実0通100
25678:0潜/16確、3確/16確
2578:実4確/4確、3確/3確
2678:実4確/16確、3確/3確
278:4確/実0確、3確/3確
3:0潜/16確、3確/16確
34567:実4確/8確、3確/3確
34568:4通40/実0通40、3通10/実0通10
3458:実4確/16確、3確/16確
3467:実4確/4確、3確/3確
3468:4確/16確、3通10/実0通10
348:実4確/16確、3確/7確
35:0潜/16確、3通10/実0通10
356:4通20/実0通20、3通100/実0通100
35678:実4確/4確、3確/3確
36:4確/16確、3通10/実0通10
3678:4確/実0確、3確/3確
45:4確/実0確、3確/3確
456:実4確/8確、3確/3確
4567:4通40/実0通40、3通10/実0通10
457:0潜/16確、3確/16確
46:実4確/4確、3確/3確
467:4確/16確、3通10/実0通10
47:実4確/16確、3確/7確
5678:4通60/実0通60、3通10/実0通10
568:実4確/4確、3確/3確
578:実4確/16確、3確/16確
678:4確/16確、3通10/実0通10
68:4確/実0確、3確/3確
78:実4確/16確、3確/3確

確率計算9.6 回転ムラと回転率の推定

パチンコ関係記事トップ
確率計算記事一覧
確率計算 分析結果の解説
パチンコ用語集

【広告】

9.6.1 回転ムラ

1/Nの確率でチャッカーに入賞する場合、N個の発射玉毎の回転数の分布は二項分布となります。
回転数m回の確率はcombi(N,m)*p^m*(1-p)^(N-m)となります。
ここに、p=1/n、combi(N,m)=N!/(m!*(N-m)!)(N個からm個を取り出す組み合わせ数)
ベースをbとすれば、千円(250玉+戻り玉)当たりの発射玉はN=250/(1-b/100)となります。
千円当たりの回転数はN/nとなります。

千円当たりの発射玉で計算すると、ヘソ戻り玉が回転数に比例するため、回転数が少ない領域では発射玉が少なくなり、回転数が大きい領域では発射玉が多くなり、試行数を一定とした二項分布とは多少分布がゆがみますが、その変化は僅かとして、平均回転数時の回転率で計算します。

ケース1 入賞確率=1/16、ベース20(19.5回転/千円)
ケース2 入賞確率=1/20、ベース20(15.6回転/千円)
ケース3 入賞確率=1/24、ベース20(13.0回転/千円)
について、千円当たりの回数をEXCELで二項分布に従った乱数を100個発生させる下のようなグラフとなります。
Kaitenmura

回転数のムラの相当あるグラフとなります。

二項分布では分散=N*p*(1-p)となります。
ケース1 標準偏差4.28、変動係数0.219
ケース2 標準偏差3.85、変動係数0.247
ケース3 標準偏差3.53、変動係数0.271

従って、平均回転率が大きい(入賞確率か小さい) ほど変動係数が大きくなり、回りムラが激しいと言えます。

ベース40と高めて、上記3ケースについて計算すると、

ケース1' 入賞確率=1/16、ベース40(26.0回転/千円)
標準偏差4.94、変動係数0.190

ケース2' 入賞確率=1/20、ベース40(20.8回転/千円)
標準偏差4.45、変動係数0.214

ケース3' 入賞確率=1/24、ベース40(17.4回転/千円)
標準偏差4.08、変動係数0.235

従って、ベースが大きいほど回りムラが小さいといえます。

上記ケース1~3(べース20)とケース1'~3'(べース40)の回転数別の分布グラフを下記に示します。尚、このグラフは回転数に比例したヘソ払い出し玉3個して補正して計算してあります。
Kaitenbunpu

ベースを極端に下げて、平均回転率を大きくした従来(マックス機規制以降の最近の台を含む)の機種は回転ムラを最大にしたみのと言えます。

検定時はベース40以上であり、釘問題に対応した今後の台はベース40以上が期待できます。また、それに合わせて、平均回転率(ボーダーライン相当)も大きくなってくるもの思われますので、くぎ問題で入れ替えられる遊戯機は回りムラが変動係数で0.8倍程度に改善されたものとなるものと想定されます。

9.6.2 回転率を計測する

確率pの事象を試行して、±rの区間内で誤差eに入れるの必要な回数Nは、
二項分布の平均値がN*p、分散がN*p*(1-p)であるので、中心極限定理より、
統計量t=r*平均値/√分散=r*√(N*p/(1-p))の正規分布に従うので、
回数N=(1-p)/p*(係数/r)^2となります
あるいは、r=係数*((1-p)/(回数N*p))^0.5

係数はe=10%の時1.65、e=5%の時1.96、e=1%の時2.58となります。
正規分布の±1.65*標準偏差、±1.96*標準偏差、±2.58*標準偏差の区間内の確率が90%、95%、99%にするための係数です。

p=1/平均発射玉数Xは、千円当たりの回転数Bとすれば、
X=(250/B+ヘソ払い戻し玉数)/(1-その他払出し玉数*1分当たりその他入賞数/100)

パラメータを変えて貸し玉料金で回転率の区間内を計算しました。回転率に依存しますが、10~20回転/千円の範囲内では少数点3桁目が多少変わる程度なので、実質回転率に依存しません。

計算結果です。
尚、ヘソ払い戻し玉数は3個、1分当たりその他入賞数は0として計算しました。

使用金額:90%区間、95%区間、99%区間
1000円:±1.61、±1.91、±2.51回転/千円
2000円:±0.57、±0.68、±0.89回転/千円
3000円:±0.31、±0.37、±0.48回転/千円
4000円:±0.20、±0.24、±0.31回転/千円
5000円:±0.14、±0.17、±0.22回転/千円
6000円:±0.11、±0.13、±0.17回転/千円
7000円:±0.09、±0.10、±0.14回転/千円
8000円:±0.07、±0.08、±0.11回転/千円
9000円:±0.06、±0.07、±0.09回転/千円
10000円:±0.05、±0.06、±0.08回転/千円
11000円:±0.04、±0.05、±0.07回転/千円
12000円:±0.04、±0.05、±0.06回転/千円
13000円:±0.03、±0.04、±0.05回転/千円
14000円:±0.03、±0.04、±0.05回転/千円
15000円:±0.03、±0.03、±0.04回転/千円
16000円:±0.03、±0.03、±0.04回転/千円
17000円:±0.02、±0.03、±0.04回転/千円
18000円:±0.02、±0.03、±0.03回転/千円
19000円:±0.02、±0.02、±0.03回転/千円
20000円:±0.02、±0.02、±0.03回転/千円

1000円では相当の誤差が出ます、5000円程度でほぼ正確な回転率が分かります。
例えば、5000円で84回転であった時、16.6~17.0回転/千円の回転率区間となります。
また、10000円で182回転であった時、18.1~18.3回転/千円の回転率区間となります。

試し打ちとして、2000、3000円で回転率を計測すると、±0.5~±1.0と範囲が広くなります。0.5の回転率の差は3%程度となりますので、誤差としては大きいといえます。17回転/千円と16.5回転/千円で2000回転まわせば6000円の差が出ます。

大当りの収束は、大当り確率の収束であり、かつ試行の単位が回転数ですが、回転率は、大当り確率の10倍以上のヘソ入賞確率を回転数の20倍程度の発射玉数で収束させるわけですので、1万倍程度の速さで収束していきます。

パチンコ依存症の女2万5千回以上のうそのクレーム電話で懲役2年の判決

うそのクレーム電話で現金詐取 被告の女に執行猶予付き有罪判決

【広告】

 

うそのクレーム電話、あわせて2万5,000回以上、現金などをだまし取っていた女に判決が出た。2万5,000回以上、うそのクレーム電話をかけたと話す、兵庫・伊丹市の女の裁判で、神戸地裁は8日、洋菓子店から現金などをだまし取った罪で、懲役2年、執行猶予4年を言い渡した。

インターネット上でクレーマーとして有名だった、伊丹市の小野谷 知子被告(45)は、京都の洋菓子店に、「バースデーケーキに髪の毛が入っていた」などと、うその電話をかけるなど、6つの店にクレームをつけ、あわせておよそ1万4,000円をだまし取った罪に問われている。

本日1/8に判決が出るので、テレビで放送してましたが、裁判で述べた犯行理由は、パチンコ依存症でお金が欲しかったとのことです。だまし取った1万4,000円が現金のみか、お菓子の分も含むのか分かりませんが、パチンコ打つには6つの店で1万4,000円は足りないですよね。パチンコ依存症を言い訳に使ったのかも知れません。

3×3EYES

メーカー:大都技研

【広告】

 

セグ表・判定表
3x3

スペック VL03
タイプ
・ローミドル
・V-ST機
大当たり確率:1/239.2→1/26.6
賞球数:3&1&8&10&13/7C
┣ヘソ:3個
┣電チュー:1個
┣その他:10個
┗大入賞口:13個
確変:50%→100%(ST60回転)
電サポ:100回転or60回転
ヘソ 特図1
┣4R確変(電サポ60回転):50%
┗4R通常(時短100回転):50%
電チュー 特図2
┣15R確変(電サポ60回転):10%
┣12R確変(電サポ60回転):5%
┣9R確変(電サポ60回転):7.5%
┣6R確変(電サポ60回転):7.5%
┗3R確変(電サポ60回転):70%
分析結果サマリー
基本指標
├出玉有当たり継続回数:7.18回
├実質出玉有継続確率:86.1%
│(ヘソ62.1%、電チュー90.0%)
└無駄玉無平均獲得差玉:3,102玉
性能指標
├補正無等価ボーダー:19.3回転/貸250玉
├貯玉使用不可、1500回転補正のボーダー
│・等価交換:21.6回転/貸250玉
│・3.57円交換:22.9回転/貸250玉
│・3.00円交換:25.1回転/貸250玉
│・2.50円交換:28.0回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/6.5

スペック VA01
タイプ
・甘デジ
・V-ST
大当たり確率:1/99.9→1/19.9
賞球数:3&1&10&8&9/7C
├ヘソ:3個
├電チュー:1個
├その他左:10個
├その他右:8個
└大入賞口:9個
Vラウンド:1R×7C×9個
電サポ:50回転or94回転
確変:33.3%→100%(ST20回転)
ヘソ 特図1 振分け
├4R確変(電サポ94回転):33.3%
└4R通常(時短50回転):66.7%
電チュー 特図2 振分け
├15R確変(電サポ94回転):10%
├12R確変(電サポ94回転):5%
├9R確変(電サポ94回転):7.5%
├6R確変(電サポ94回転):7.5%
└3R確変(電サポ94回転):70%
分析結果サマリー
基本指標
├出玉有当たり継続回数:4.19回
├実質出玉有継続確率:76.1%
│(ヘソ54.0%、電チュー83.1%)
└無駄玉無平均獲得差玉:1,175玉
性能指標
├補正無等価ボーダー:21.3回転/貸250玉
├貯玉使用不可・6時間ボーダー
│・等価交換:23.3回転/貸250玉
│・3.57円交換:24.5回転/貸250玉
│・3.00円交換:26.7回転/貸250玉
│・2.50円交換:29.4回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/4.8

生活保護の被保護者への指導等に関する政府答弁

維新の党の初鹿明博衆議院から生活保護の被保護者へのパチンコ指導に関する質問主意書とその政府答弁です。
厚労省はパチンコを理由にした生活保護の指導は問題ありとしてましが、政府見解では問題無となってます。

【広告】

 

生活保護の被保護者への指導等に関する質問主意書

一 別府市のようにパチンコ店等を巡回して、被保護者の金銭の使い道を事実上監視するような形での指導が、生活保護法の趣旨に適ったものと言えるのか、政府の見解を伺います。

二 パチンコ店に行っていたという理由のみで保護費の支給を取りやめることは適法とお考えでしょうか。政府の見解を伺います。

三 パチンコや競輪等の賭け事を自分の力では止めることの出来ないギャンブル依存症に罹患している可能性がある被保護者については、自助グループ等につなげ、回復のためのプログラムを受けて、そこから脱却するように促す必要が保護の実施機関にはあると考えますが、政府の見解を伺います。

政府答弁

一について

 御指摘の「別府市のようにパチンコ店等を巡回して、被保護者の金銭の使い道を事実上監視するような形での指導」については、その詳細を把握していないため、お尋ねについてお答えすることは困難であるが、一般論としては、生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号。以下「法」という。)第十九条第四項に規定する保護の実施機関(以下「保護の実施機関」という。)が、ぱちんこ屋等への立入りについて、法第二十七条に基づき、被保護者に対して生活指導を行うことは可能であると考えている。

二について
 保護の実施機関は、法第六十二条第一項及び第三項の規定に基づき、被保護者が、法第二十七条の規定による生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示に従わなかったときは、保護の変更、停止又は廃止をすることができることとされており、保護の実施機関が、これらの規定に基づき、被保護者の状況を適切に把握した上で実施すべきものと考えている。

三について
 御指摘については、政府としては、いわゆる「ギャンブル依存症」を含め、個々の課題を有する被保護者が自立した日常生活を営めるよう、保護の実施機関が適切な支援を実施することが重要であると考えている。

厚労省はパチンコを理由にした生活保護の指導は問題ありとしてましが、政府見解では問題無となってます。

パチンコ機販売台数ランキング

年度別のパチンコ機の販売台数ランキングとメーカーグループの販売台数ランキングを載せてあります。

人気遊戯機の選定は、6月頃日遊協が前年の機種から選ぶ遊技機アワードと、年末にパチンコ・パチスロ7サイトユーザー投票を実施するパチンコ・パチスロAWARDがありますの合わせて載せてあります。

【広告】


Amazon通販
ホームページ タイムセール ランキング

年度毎の販売台数ランキング

年度毎の販売台数ランキングは下記の記事に載せてあります。
ランキング(2019年)
ランキング(2018年)
ランキング(2017年)
ランキング(2016年)
ランキング(2015年)
ランキング(2014年)
ランキング(2013年)
ランキング(2012年)
ランキング(2011年)
ランキング(2010年)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

無料ブログはココログ