« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

牙狼魔戒ノ花

メーカー:サンセイR&D

【広告】

 

セグ表・判定表
Garo6

スペック XX
タイプ
・マックス
・V-ST機
大当たり確率:1/399.6→1/109.77
賞球数:3&7&8&15
ラウンド数:13or15or16R/9C
確変:53%→100%(ST161回転)
電サポ:100or161回転
ヘソ 特図1
・16R確変(電サポ161回):38% 2,160発
・15R確変(電サポ161回):5% 2,025発
・13R確変(電サポ161回):10% 1,755発
・13R通常(時短100回):47% 1,755発
電チュー 特図2
・16R確変(電サポ161回転):100% 2,160発
分析結果サマリー
分析結果サマリー各種指標の解説
基本指標
┣出玉有当たり継続回数:3.24回
┣実質出玉有継続確率:69.1%
┃(ヘソ51.3%、電チュー77.1%)
┣削り無総獲得差玉:6,305玉
┗電サポ率:37.7%
性能指標
┣4円等価ボーダ(削り無):15.8回転/千円
┣削り補正等価ボーダー:17.2回転/千円
┃(アタッカー削り5.9%、確変ベース90.0)
┗1R当たりのトータル確率:1/8.0回転

スペック XXX-X
(BEAST OF GOLD)

タイプ
・ミドル
・V-ST機
大当たり確率:1/319.68→1/154.2
賞球数:4&3&14/9C
├ヘソ:4個
├電チュー:3個
├その他左:3個
├その他右:3個
└大入賞口:14個
確変:53%→100%(ST161回)
電サポ:100回転or161回転
ヘソ 特図1
├16R確変(電サポ161回転):38%
├15R確変(電サポ161回転):5%
├13R確変(電サポ161回転):10%
└13R通常(時短100回転):47%
電チュー 特図2
└16R確変(電サポ161回転):100%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
├出玉有当たり継続回数:2.34回
├実質出玉有継続確率:57.3%
│(ヘソ47.0%、電チュー64.9%)
└無駄玉無平均獲得差玉:4,177玉
性能指標
├補正無等価ボーダー:19.1回転/貸250玉
├補正等価ボーダー:20.3回転/貸250玉
│(アタッカー削り5.9%、確変ベース90.0)
├1R当たりのトータル確率:1/9.0回転
├電サポ率:67.0%(回転数)、10.8%(発射玉)
└玉持ち:低ベース機の1.122倍

スペック K-PP
(媚空99バージョン)

タイプ
・甘デジ
・V-ST機
大当たり確率:1/99.9→1/66.66
賞球数:4&3&11/7C
├ヘソ:4個
├電チュー:3個
├その他左:3個
├その他右:3個
└大入賞口:11個
確変:100%(ST50回転)
電サポ:50回転or100回転
ヘソ 特図1
├16R確変(電サポ100回):15%
└5R通常(時短50回):85%
電チュー 特図2
├16R確変(電サポ100回):25%
├10R確変(電サポ100回):25%
└5R確変(電サポ100回):50%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
├出玉有当たり継続回数:2.56回
├実質出玉有継続確率:61.0%
│(ヘソ44.3%、電チュー71.6%)
└無駄玉無平均獲得差玉:1,449玉
性能指標
├補正無等価ボーダー:17.2回転/貸250玉
├補正等価ボーダー:18.9回転/貸250玉
├1R当たりのトータル確率:1/4.8回転
├電サポ率:78.1%(回転数)、16.8%(発射玉)
└玉持ち:低ベース機の1.116倍

ランプ周辺図
Garo6lump

雀鬼・桜井章一伝説

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

セグ表・判定表
Janki

メーカー:大一

スペック KG-T
タイプ:ライトミドルST
大当たり確率:1/199.8→1/84.7
小当たり:1/394.8
賞球数:3&14
ラウンド数:4or10or16R/9C
確変:100%(ST100回転)
電サポ:0or60or100回転
ヘソ
10R(実8R)確変(電サポ100回転):0.5%
10R(実8R)確変(初回電サポ60回転):96.5%
10R(実0R)確変(初回電サポ無):3%
電チュー 特図2
16R確変(電サポ100回転):50%
4R確変(電サポ100回転):50%
分析結果サマリー
出玉有当たり継続回数:3.24回
実質出玉有継続確率:69.2%
削り無獲得出玉総差玉:3,522玉
変動係数:1.001
4円等価ボーダ(削り無):17.1回転/千円
(18.2:削り5%,確変ベース0.90)
トータル確率/R:1/6.7回転
正規化大当り確率:1/197.1
(荒さの分類:ライトミドル級)
電サポ率:35.5%

判別情報

朝一ランプ
不明。おそらく、ランプ群下部の3列の2個のランプの右側上のランプ。

出玉無潜伏判定
裏頂上決戦は出玉無の潜確か小当たり。
ラウンド数に10Rパターン表示で確変と思われます。

ヘソ潜伏分析
・トータルモード移行確率:1/132.7
・潜伏/(潜伏+小当たり): 5.6%

電サポ途中終了
100%ST突入ですが、ヘソ実8R当たりの殆どは電サポが60回終了します。
STは100回転までなので、60回で電サポが抜けた場合は、残り40回を回す必要があります。

4大激アツ
・雷雲モード
・鬼の鉄槌
・てんとう虫柄
・最終決戦リーチ

パチンコ年間売上高統計

パチンコ関係記事トップ

【広告】

統計データの信頼性は、統計の理論に従って調査対称の抽出が適正なサンプル数で行われたかどうかで決まります。

そこで、調査方法を明確にしているパチンコ売上高を公表しているサイトよりのデータを比較できるようにしました。

DK-SIS白書
ダイコク電機のDK-SISには、2016年3月末の会員ホール数は3717店、遊技機台数は計142万台で、業界全体の約31%の営業データを保有しています。そのDK-SISから推計した売上高を毎年白書としてまとめてます。2019年版の白書で2012年以降の総売上が上方修正されます。

PCSA類推値
PCSA:パチンコ・チェーンストア協会が正会員にアンケート調査しDK-SIS白書の売上高と合わせて類推したパチンコ売上高です。
PCSAはダイナムなど大手のチェーン店が会員となってます。

尚、レジャー白書に関しては、2015年のデータに信憑性の欠ける報告があり、統計調査に疑問を感じてますので、参考程度に扱っております。

売上高との相関が強いと予想される、店舗数および遊戯機設置台数を追加しました。データは警視庁の風俗営業白書のものです。店舗数には遊休中のものも含まれてます。設置台数は12月末時点のものです。

従事者数については、2012年の値に経産省特定サービス産業動態統計調査長期データの前年比を掛けて算出しました。正規従業員の割合は2000年は56%ですが、2014年には44%と年々減ってきており、人件費の安いアルバイトの利用により、人件費を抑えてきているものと思われます。

2019年
・DK-SIS白書:20.0兆円
・PCSA類推値:兆円
・レジャー白書:兆円
・店舗数::9,639
・遊戯機設置台数:4,196千台
(内パチンコ機:2,558千台)
・従業者数:263.2千人

2018年
・DK-SIS白書:20.7兆円
・PCSA類推値:17.5兆円
・レジャー白書:20.7兆円(DK-SIS白書流用)
・店舗数:10,060店
・遊戯機設置台数:4,303千台
(内パチンコ機:2,637千台)
・従業者数:272.9千人

2017年
・DK-SIS白書:21.4兆円
・PCSA類推値:17.4兆円
・レジャー白書:21.4兆円
・店舗数:10,596店
・遊戯機設置台数:4,436千台
(内パチンコ機:2,750千台)
・従業者数:284千人

2016年
・DK-SIS白書:20.1兆円
・PCSA類推値:18.7兆円
・レジャー白書:21.6兆円
・店舗数:10,986店
・遊戯機設置台数:4,525千台
(内パチンコ機:2,833千台)
・従業者数:290千人

2015年
・DK-SIS白書:22.3兆円
・PCSA類推値:21.6兆円
・レジャー白書:23.2兆円
・店舗数:11,310店
・遊戯機設置台数:4,576千台
(内パチンコ機:2,906千台)
・従業者数:294千人

2014年
・DK-SIS白書:23.5兆円
・PCSA類推値:22.5兆円
・レジャー白書:24.5兆円
・店舗数:11,627店
・遊戯機設置台数:4,575千台
(内パチンコ機:2,940千台)
・従業者数:289千人

2013年
・DK-SIS白書:24.1兆円
・PCSA類推値:27.9兆円
・レジャー白書:25.0兆円
・店舗数:11,893店
・遊戯機設置台数:4,612千台
(内パチンコ機:3,009千台)
・従業者数:294千人

2012年
・DK-SIS白書:24.8兆円
・PCSA類推値:28.3兆円
・レジャー白書:25.7兆円
・店舗数:12,149店
・遊戯機設置台数:4,592千台
(内パチンコ機:3,042千台)
・従業者数:319千人

2011年
・DK-SIS白書:24.6兆円
・PCSA類推値:29.7兆円
・レジャー白書:25.5兆円
・店舗数:12,323店
・遊戯機設置台数:4,583千台
(内パチンコ機:3,108千台)
・従業者数:310千人

2010年
・DK-SIS白書:25.3兆円
・PCSA類推値:27.6兆円
・レジャー白書:26.0兆円
・店舗数:12,479店
・遊戯機設置台数:4,554千台
(内パチンコ機:3,164千台)
・従業者数:343千人

2009年
・DK-SIS白書:27.6兆円
・PCSA類推値:28.6兆円
・レジャー白書:28.2兆円
・店舗数:12,652店
・遊戯機設置台数:4,506千台
(内パチンコ機:3,159千台)
・従業者数:375千人

2008年
・DK-SIS白書:28.4兆円
・レジャー白書:28.8兆円
・店舗数:12,937店
・遊戯機設置台数:4,526千台
(内パチンコ機:3,076千台)
・従業者数:360千人

2007年
・レジャー白書:30.2兆円
・店舗数:13,585店
・遊戯機設置台数:4,591千台
(内パチンコ機:2,954千台)
・従業者数:363千人

2006年
・レジャー白書:33.6兆円
・店舗数:14,674店
・遊戯機設置台数:4,899千台
(内パチンコ機:2,933千台)
・従業者数:378千人

2005年
・レジャー白書:34.9兆円
・店舗数:15,165店
・遊戯機設置台数:4,899千台
(内パチンコ機:2,961千台)
・従業者数:372千人

2004年
・レジャー白書:33.9兆円
・店舗数:15,617店
・遊戯機設置台数:4,969千台
(内パチンコ機:3,078千台)
・従業者数:348千人

2003年
・レジャー白書:32.4兆円
・店舗数:16,076店
・遊戯機設置台数:4,892千台
(内パチンコ機:3,227千台)
・従業者数:338千人

2002年
・レジャー白書:30.4兆円
・店舗数:16,504店
・遊戯機設置台数:4,864千台
(内パチンコ機:3,252千台)
・従業者数:340千人

2001年
・レジャー白書:29.2兆円
・店舗数:16,801店
・遊戯機設置台数:4,786千台
(内パチンコ機:3,321千台)
・従業者数:346千人

2000年
・レジャー白書:28.9兆円
・店舗数:16,988店
・遊戯機設置台数:4,755千台
(内パチンコ機:3,423千台)
・従業者数:333千人

1999年
・レジャー白書:28.5兆円
・店舗数:17,173店
・遊戯機設置台数:4,710千台
(内パチンコ機:3,558千台)

1998年
・レジャー白書:28.0兆円
・店舗数:17,426店
・遊戯機設置台数:4,711千台
(内パチンコ機:3,686千台)

1997年
・レジャー白書:28.4兆円
・店舗数:17,773店
・遊戯機設置台数:4,763千台
(内パチンコ機:3,854千台)

1996年
・レジャー白書:30.0兆円
・店舗数:18,164店
・遊戯機設置台数:4,868千台
(内パチンコ機:3,907千台)

1995年
・レジャー白書:30.9兆円
・店舗数:18,244店
・遊戯機設置台数:4,753千台
(内パチンコ機:3,828千台)

1994年
・レジャー白書:30.5兆円
・店舗数:18,113店
・遊戯機設置台数:4,632千台
(内パチンコ機:3,723千台)

1993年
・レジャー白書:27.4兆円
・店舗数:18,036店
・遊戯機設置台数:4,547千台
(内パチンコ機:3,571千台)

1992年
・レジャー白書:26.3兆円
・店舗数:17,827店
・遊戯機設置台数:4,425千台
(内パチンコ機:3,383千台)

1991年
・店舗数:17,373店
・遊戯機設置台数:4,233千台
(内パチンコ機:3,381千台)

1990年
・店舗数:16,074店
・遊戯機設置台数:4,009千台
(内パチンコ機:3,233千台)

 

1989年
・店舗数:16,068店
・遊戯機設置台数:3,931千台
(内パチンコ機:3,113千台)

春一番こいこい八でありんす

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

メーカー:西陣

スペック M
タイプ:ライトミドルST
大当たり確率:1/179.55→1/78.3
通常時8個保留、ヘソ・電チュー交互抽選
賞球数:3&2&6&13
ラウンド数:6or15R/9C
確変:100%(ST84回転)
電サポ:80回転
通常時合算
15R確変:17%
6R確変:65%
6R(実4R)確変:4%
6R(出玉無)確変:14%
電チュー
15R確変:30%
6R確変:60%
6R(出玉無)確変:10%
分析結果サマリー
出玉有当たり継続回数:2.61回
実質出玉有継続確率:61.7%
削り無獲得出玉総差玉:2,414玉
4円等価ボーダ(削り無):18.6回転/千円
(19.9:削り5%,確変ベース0.85)
トータル確率/R:1/8.5回転
電サポ率:41.8%

スペック GL
タイプ:甘デジST
リユース
大当たり確率:1/89.9→1/62.7
通常時8個保留、ヘソ・電チュー交互抽選
賞球数:3&2&6&10
ラウンド数:6or15R/8C
確変:100%(ST54回転)
電サポ:50回転
通常時合算
15R確変:14.5%
6R確変:68%
6R(実4R)確変:3.5%
6R(出玉無)確変:14%
電チュー
15R確変:25%
6R確変:61%
6R(出玉無)確変:14%
分析結果サマリー
出玉有当たり継続回数:2.05回
実質出玉有継続確率:51.2%
削り無獲得出玉総差玉:1,198玉
4円等価ボーダ(削り無):18.8回転/千円
(20.1:削り5%,確変ベース0.85)
トータル確率/R:1/5.8回転
電サポ率:44.8%

判別情報

出玉無の潜確当たりや小当たりは搭載していないが、突確を搭載。
STは/54回転だが電サポは80/50回転までなので、ラスト4回転は潜確状態。

5大激アツ
・五光ゾーン
・花魁ゾーン
・提灯シャッター
・桜柄
・春一番リーチ

押忍!ど根性ガエル

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

セグ表・判定表
Dokonjoukaeru

メーカー:大都技研

スペック Z03
タイプ:マックスV-ST
大当たり確率:1/399.6→1/81.3
賞球数:3&3&10&14
ラウンド数:16R/9C
確変:55%→100%(ST150回転)
電サポ:100or150回転
ヘソ 特図1
6R確変(電サポ150回転):50% 700個
5R確変(電サポ150回転):5% 550個
10R通常(時短100回転):45% 1200個
電チュー 特図2
16R確変(電サポ150回転):77.7% 2000個
4R確変(電サポ150回転):22.3% 450個
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
┣出玉有当たり継続回数:4.61回
┣実質出玉有継続確率:78.3%
┃(ヘソ56.4%、電チュー84.4%)
┣削り無平均獲得差玉:6,533玉
┣最少出玉未満除外実質確率:1/402.7
┗電サポ率:42.2%
性能指標
┣4円等価ボーダ(削り無):15.3回転/千円
┣アタッカー削り補正:0.84回転/千円
┃(/メイン16R当たり(差玉1,872個)の差玉100個減(削り5.3%))
┣電チュー削り補正:0.34回転/千円
┃(/電チュー100回転時の差玉50個減(ベース90))
┣削り補正等価ボーダー:16.8回転/千円
┃(メイン16R差玉1750個(削り6.5%)
┃電サポ消化50個減/100回転(ベース90))
┗1R当たりのトータル確率:1/7.2回転

スペック L02
タイプ:ミドルV-ST
大当たり確率:1/319.7→1/97.4
賞球数:3&10&14/8C
┣ヘソ:3個
┣電チュー:3個
┣その他:10個
┗大入賞口:14個
Vラウンド:1R×8C×10個
確変:53%→100%(ST160回転)
電サポ:100回or160回転
ヘソ 特図1
┣6R確変(電サポ160回転):53%
┗9R通常(時短100回転):47%
電チュー 特図2
┣16R確変(電サポ160回転):77.7%
┗4R確変(電サポ160回転):22.3%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
┣出玉有当たり継続回数:3.89回
┣実質出玉有継続確率:74.3%
┃(ヘソ55.5%、電チュー80.8%)
┣削り無平均獲得差玉:4,669玉
┗電サポ率:46.1%
性能指標
┣4円等価ボーダ(削り無):17.1回転/千円
┣アタッカー削り補正:0.86回転/千円
┃(/メイン16R当たり(差玉1,632個)の差玉80個減(削り4.9%))
┣電チュー削り補正:0.50回転/千円
┃(/電チュー100回転時の差玉50個減(ベース90))
┣削り補正等価ボーダー:19.0回転/千円
┃(メイン16R差玉1520個(削り6.9%)、
┃電サポ消化50個減/100回転(ベース90))
┗1R当たりのトータル確率:1/7.0回転

スペック LA01
タイプ:強ライトミドルV-ST
大当たり確率:1/239.2→1/117.5
賞球数:1&3&10&14/8C
┣ヘソ:1個
┣電チュー:3個
┣その他:10個
┗大入賞口:14個
Vラウンド:1R×8C×10個
確変:56%→100%(ST160回転)
電サポ:100回or160回転
ヘソ 特図1
┣6R確変(電サポ160回転):46%
┣5R確変(電サポ160回転):10%
┗9R通常(時短100回転):44%
電チュー 特図2
┣16R確変(電サポ160回転):77.7%
┗4R確変(電サポ160回転):22.3%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
┣出玉有当たり継続回数:3.23回
┣実質出玉有継続確率:69.0%
┃(ヘソ56.8%、電チュー74.5%)
┣削り無平均獲得差玉:3,751玉
┗電サポ率:50.3%
性能指標
┣4円等価ボーダ(削り無):15.9回転/千円
┣アタッカー削り補正:0.80回転/千円
┃(/メイン16R当たり(差玉1,632個)の差玉80個減(削り4.9%))
┣電チュー削り補正:0.52回転/千円
┃(/電チュー100回転時の差玉50個減(ベース90))
┣削り補正等価ボーダー:17.7回転/千円
┃(メイン16R差玉1520個(削り6.9%)、
┃電サポ消化50個減/100回転(ベース90))
┣ヘソ3個戻相当削り無ボーダー:18.8回転/千円
┗1R当たりのトータル確率:1/6.5回転

スペック A01
タイプ:甘デジV-ST機
大当たり確率:1/99.9→1/42.9
賞球数:5&1&3&9/7C
├ヘソ:5個
├電チュー:1個
├その他:3個
└大入賞口:9個
確変:15%→100%(ST34回転)
電サポ:70回転
ヘソ 特図1
├16R確変(電サポ70回):10%
├2R確変(電サポ70回):5%
└7R通常(時短70回):85%
電チュー 特図2
├16R確変(電サポ70回):15%
└7R確変(電サポ70回):85%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
├出玉有当たり継続回数:2.71回
├実質出玉有継続確率:63.1%(時短抜き15.6%)
│(ヘソ53.3%、電チュー68.8%)
└無駄玉無平均獲得差玉:1,226玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:20.4回転/貸250玉
├貯玉使用不可・6時間・無駄玉補正時のボーダー
│・等価交換:22.5回転/貸250玉
│・3.57円交換:23.7回転/貸250玉
│・3.00円交換:25.8回転/貸250玉
│・2.50円交換:28.5回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/4.6回転

スペック C01
タイプ:ちょいパチV-ST機
大当たり確率:1/39.9→1/39.9
賞球数:5&1&8&3&9/7C
├ヘソ:5個
├電チュー:1個
├その他左:3個
├その他右:9個
└大入賞口:8個
確変:4%→25%
電サポ:10回転
ヘソ 特図1
├16R確変:2%
├5R確変:2%
└5R通常:96%
電チュー 特図2
├16R確変:25%
└5R通常:75%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
├出玉有当たり継続回数:1.29回
├実質出玉有継続確率:22.4%
│(ヘソ22.4%、電チュー22.4%)
└無駄玉無平均獲得差玉:366玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:27.3回転/貸250玉
│・アタッカー削り5%分の補正:1.44回転/貸250玉
│・確変ベース10%分の補正:0.16回転/貸250玉
│・一般ベース:37.3
│・250玉消費時間:239秒
├無駄玉補正:9.7%(無駄玉無時出玉の0.903倍)
│(アタッカー削り9.7%、確変ベース90.0)
│・無駄玉補正等価ボーダー:30.2回転/貸250玉
├1R当たりのトータル確率:1/5.3回転
├電サポ率:22.4%(回転数)、2.1%(発射玉)
└玉持ち:低ベース機の1.292倍

判別情報

通常時にバトルボーナス勝利でVアタッカー入賞を経てST150回のど根性RUSHに突入。
敗北時は時短100回の梅さん特訓モードへ。
梅チャレンジはVアタッカー入賞を経てST150回のど根性RUSHに突入。

5大激アツ
・特訓
・対決ゾーン
・ピョン吉役物
・鷹柄
・下町中学校大運動会

北斗の拳6天翔百裂

メーカー:サミー

【広告】

 

セグ表・判定表
Hokuto6hyakuretsu

スペック FTA
タイプ
・ミドル
・ST
大当たり確率:1/307.7→1/30.8
賞球数:3&7&14
ラウンド数:2or4or6or16R/9C
確変:100%(ST36回転)
電サポ:0or100回転
ヘソ 特図1
・16R確変(電サポ100回転):56%
・6R確変(出玉無、サポ無):44%
電チュー 特図2
・16R確変(電サポ100回転):60%
・16R(実8R)確変(電サポ100回転):5%
・4R確変(電サポ100回転):25%
・2R確変(出玉無、電サポ100回転):10%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
┣出玉有当たり継続回数:3.02
┣実質出玉有継続確率:66.8%
┃(ヘソ69.4%、電チュー67.7%)
┣削り無平均獲得差玉:4,668玉
┗電サポ率:25.5%
性能指標
┣4円等価ボーダ(削り無):17.6回転/千円
┣削り補正等価ボーダー:19.0回転/千円
┃(削り6.5%、確変ベース90)
┗1R当たりのトータル確率:1/7.7

判別情報

朝一ランプ
不明。おそらくサミーのいつもの位置(ヘソセグ中央部上段のランプ)。

天翔モード
天翔モードは出玉無潜伏確変か小当たり。
6R表示で確変。但し、高確は36回(天翔モード(32回転)+4回転)までで、それを過ぎれば通常。

ヘソ潜伏分析
・トータルモード移行確率:1/151.7
・潜伏/(潜伏+小当たり):30.0%

営業者と何ら関係のない第三者の景品買い取りが違法かどうかは個々に判断すべき事柄

パチンコの換金の違法性の質問に関する政府答弁です。
営業者と何ら関係のない第三者の景品買い取りが違法かどうかは個々に判断すべき事柄と回答。

【広告】

 

第3回質問に政府が再々答弁~賞品買取

民主党の小見山幸治参院議員が7月2日、パチンコの換金にまつわる第3回質問主意書質問書を提出。7月10日に政府側が回答した。

7月2日の第3回目の質問は、捜査機関が収集した証拠に基づく犯罪の成否については賞品買取違反に限らず風営法その他の罰則規定がある法令すべてに該当するというもの。その上で、営業者と何ら関係のない第三者の買い取りは「違反とならないと考えるが如何か」と前回と同じ質問を繰り返したが、政府は7月10日、“前回の答弁通り”と応じた。

「直ちに違法ではない」政府が理由を説明

小見山議員は答弁書に対し、再質問書を6月17日に提出。
政府答弁に出てくる「直ちに違法になるものではない」の“直ちに”という点を捉えて、「取り締まりの対象となることを注意的に示したもの」であって、営業者と何ら関係のない第三者の買い取りは「違反とならないと考えるが如何か」と再度質問をしていた。

6月26日付の再回答で政府は、「直ちに違法になるものではない」と答えた理由について説明。
「犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づいて個々に判断すべき事柄であるため」との回答を示している。

換金めぐる質問主意書に政府が回答

民主党の小見山幸治参議院議員が6月4日に政府に提出していたパチンコ営業にかかわる質問主意書に対し、6月12日に政府側が書面回答した。

「パチンコ営業者とは関係のない第三者が客から賞品を買い取ることは直ちに違法になるものではない」とした2003年の「警察庁見解」に現在も相違はないかどうかなどを質問していた。

これに政府は6月12日の回答の中で、現在も相違ないと言明するとともに、第三者が実質的に営業者と同一の場合は違法となると指摘している。

【政府答弁】
御指摘の「景品交換所」の意味するところが必ずしも明らかでないが、ぱちんこ屋の営業者以外の第三者が、ぱちんこ屋の営業者がその営業に関し客に提供した賞品を買い取ることは、直ちに風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和二十三年法律第百二十二号)第二十三条第一項第二号違反となるものではないと考えられる。もっとも、当該第三者が当該営業者と実質的に同一であると認められる場合には、同号違反となることがあると考えられる。

パチンコ年表

年間売上高統計に関しては、パチンコ年間売上高統計 に示すように、DK-SIS白書、PCSA類推値、レジャー白書とありますが、2015年のレジャー白書で全くでたらめの集計をしているのが明白になったため、収集店舗数の多いDK-SISを使用してます。2019年版の白書で2012年以降の総売上が上方修正されます。2017年以降の総売上げは修正してあります。売上高に関しては、自ら予測せず、白書発表前に発表されるDK-SISの値を完全にパックて同じ値を発表してます。同じくレジャー白書のパチンコ参加人口に関してもでたらめの集計が明白となったため、パチンコする人の統計(総務省社会生活基本調査) を採用してます。5年毎の調査ですので抜けがあります。最新は2016年です。次回は2021年ですが、発表は2022年と思われます。

【広告】

 

2020年
・3月から受動喫煙防止法開始
・4月から時短、リミッター条件改訂

2019年
・2月から継続率65%以下の条件撤廃。
・5月からベースに関する条件撤廃。
・依存症対策の基本計画実施
・消費税10%に
・年間売上高:20.0兆円
・店舗数:9,639店
・遊戯機設置台数:4,196千台
(内パチンコ機:2,558千台)
・従業者数:263.2千人

2018年
・2月から出玉2/3に抑える改正風適法適用。
・年間売上高:20.7兆円
・店舗数:10,060店
・遊戯機設置台数:4,303千台
(内パチンコ機:2,637千台)
・従業者数:272.9千人

2017年
・年間売上高:21.4兆円
・店舗数:10,596店
・遊戯機設置台数:4,437千台
(内パチンコ機:2,750千台)
・従業者数:283.7千人

2016年
・マックス機73万台の撤去回収
・ベース30以上(ヘソ4個戻し)
・継続確率65%まで
・脱等価の都道府県が主流に
・年間売上高:20.1兆円
・店舗数:10,986店
・遊戯機設置台数:4,525千台
(内パチンコ機:2,833千台)
・従業者数:290千人

2015年
・マックス機規制(上限1/320)
・高射幸性機の撤去開始
・一般入賞口機構調査
・検定機と性能の異なる遊技機の回収
・東京都脱等価
・年間売上高:22.3兆円
・店舗数:11,310店
・遊戯機設置台数:4,576千台
(内パチンコ機:2,906千台)
・従業者数:294千人

2014年
・年間売上高:23.5兆円
・店舗数:11,627店
・遊戯機設置台数:4,575千台
(内パチンコ機:2,940千台)
・従業者数:289千人
・消費税8%

2013年
・年間売上高:24.1兆円
・店舗数:11,893店
・遊戯機設置台数:4,612千台
(内パチンコ機:3,009千台)
・従業者数:294千人

2012年
・イベント規制再周知
・年間売上高:24.8兆円
・店舗数:12,149店
・遊戯機設置台数:4,592千台
(内パチンコ機:3,042千台)
・従業者数:319千人
・パチンコ機販売額:7,729億円

2011年
・東日本大震災
・イベント規制
・出玉9600個
・パチンコ参加人口:11,373千人
・年間売上高:24.6兆円
・店舗数:12,323店
・遊戯機設置台数:4,583千台
(内パチンコ機:3,108千台)
・従業者数:310千人
・パチンコ機販売額:8,267億円

2010年
・貸金業法総量規制
・新中古機流通制度が始動
・正村商会が事業停止
・パチンコ機販売額:8,869億円
・年間売上高:25.3兆円
・店舗数:12,479店
・遊戯機設置台数:4,554千台
(内パチンコ機:3,164千台)
・従業者数:343千人

2009年
・回胴式遊技機製造業者連絡会設立
・マルハンが売上高2兆円突破
・パチスロART爆裂機
・パチンコ機販売額:9,852億円
・年間売上高:27.6兆円
・店舗数:12,652店
・遊戯機設置台数:4,506千台
(内パチンコ機:3,159千台)
・従業者数:375千人

2008年
・リーマンショック
・一物一価指導相次ぐ
・1円パチンコ増
・パチンコ機販売額:9,213億円
・年間売上高:28.4兆円
・店舗数:12,937店
・遊戯機設置台数:4,526千台
(内パチンコ機:3,076千台)
・従業者数:360千人

2007年
・パチスロ4号機完全撤去
・パチンコ機販売額:8,686億円
・年間売上高:29.7兆円
・店舗数:13,585店
・遊戯機設置台数:4,591千台
(内パチンコ機:2,954千台)
・従業者数:363千人

2006年
・改正風適法施行
・低玉貸営業が浸透
・最低確率1/400
・パチスロ5号機
・パチンコ参加人口:13,430千人
・パチンコ機販売額:8,986億円
・年間売上高:33.6兆円
・店舗数:14,674店
・遊戯機設置台数:4,899千台
(内パチンコ機:2,933千台)
・従業者数:378千人

2005年
・新要件パチスロ機が登場
・パロット登場
・マルハン売上高1兆円突破
・パチンコ機販売額:8,699億円
・年間売上高:33.0兆円
・店舗数:15,165店
・遊戯機設置台数:4,899千台
(内パチンコ機:2,961千台)
・従業者数:372千人

2004年
・パチンコ人口1,790万人
・改正遊技機規則施行
・新要件パチンコ機が登場
・突然確変搭載
・転落抽選搭載
・最低確率1/500
・賞球4→3
・パチンコ機販売額:7,865億円
・年間売上高:30.9兆円
・店舗数:15,617店
・遊戯機設置台数:4,969千台
(内パチンコ機:3,078千台)
・従業者数:348千人

2003年
・パチスロAT、ストック爆裂機
・売上げ27.5兆円
・パチンコ人口1,740万人
・大量獲得タイプのパチスロ機検定取消
・1,000台超の大型店が続々オープン
・店舗数:16,076
・パチンコ設置台数:3,227千台
・パチンコ機販売台数:3,686千台
・パチンコ機販売額:6,720億円

2002年
・最低確率1/360
・賞球5→4
・売上げ26.2兆円
・パチンコ機販売額:5,615億円
・年間売上高:28.5兆円
・店舗数:16,504店
・遊戯機設置台数:4,892千台
(内パチンコ機:3,227千台)
・従業者数:338千人

2001年
・パチンコ参加人口:17,322千人
・パチンコ機販売額:5,691億円
・年間売上高:24.6兆円
・店舗数:16,801店
・遊戯機設置台数:4,786千台
(内パチンコ機:3,321千台)
・従業者数:346千人

2000年
・ST搭載
・年間売上高:25.0兆円
・店舗数:16,988店
・遊戯機設置台数:4,755千台
(内パチンコ機:3,423千台)
・従業者数:333千人

1999年
・最低確率1/320
・リミッター廃止
・パチスロ機設置台数100万台突破
・年間売上高:28.5兆円
・店舗数:17,173店
・遊戯機設置台数:4,710千台
(内パチンコ機:3,558千台)

1998年
・潜伏確変搭載
・年間売上高:28.0兆円
・店舗数:17,426店
・遊戯機設置台数:4,711千台
(内パチンコ機:3,686千台)

1997年
・公正取引委員会、メーカーに排除勧告
・平和とSANKYOが東証一部上場
・消費税5%
・年間売上高書:28.4兆円
・店舗数:17,773店
・遊戯機設置台数:4,763千台
(内パチンコ機:3,854千台)

1996年
・日工組に公正取引委員会の立ち入り
・5回リミッター
・最低確率1/360
・パチンコ参加人口:20,610千人
・年間売上高:30.1兆円
・店舗数:18,164店
・遊戯機設置台数:4,868千台
(内パチンコ機:3,907千台)

1995年
・CR導入店が1万店を突破
・年間売上高:30.9兆円
・店舗数:18,244店
・遊戯機設置台数:4,753千台
(内パチンコ機:3,828千台)

1994年
・CR機がメインに
・年間売上高:30.5兆円
・店舗数:18,113店
・遊戯機設置台数:4,632千台
(内パチンコ機:3,723千台)

1993年
・遠隔操作が許可取消処分
・連チャン機の製造販売自粛へ
・年間売上高:27.4兆円
・店舗数:18,036店
・遊戯機設置台数:4,547千台
(内パチンコ機:3,571千台)

1992年
・CR機登場
・パチスロ4号機
・年間売上高:26.3兆円
・店舗数:17,827店
・遊戯機設置台数:4,425千台
(内パチンコ機:3,383千台)

1991年
・バブル終了
・パチンコ参加人口:16,594千人
・店舗数:17,373店
・遊戯機設置台数:4,233千台
(内パチンコ機:3,381千台)

1990年
・景品最高限度額10,000円に
・16ラウンドに
・パチスロ3号機
・店舗数:16,074店
・遊戯機設置台数:4,009千台
(内パチンコ機:3,233千台)

1989年
・消費税3%
・店舗数:16,068店
・遊戯機設置台数:3,931千台
(内パチンコ機:3,113千台)

1988年
・平和が業界初の株式公開

1987年

1986年
・バブル開始
・カード式玉貸システム
・パチンコ参加人口:12,419千人

1985年
・新風営法施行
・保通協による型式認定試験開始
・景品最高限度額3,000円に
・パチスロ1号機

1984年
・15秒10R規制

1983年

1982年
・フィーバー機設置比率30%に自主規制
・パチスロ2号機

1981年
・平和ゼロタイガー登場
・売上推計が3兆円を突破

1980年
・景品最高限度額2,500円に
・SANKYOがフィーバー機
・パチスロ0号機

1979年

1978年
・玉貸料金1個4円以内に

1977年
・テレビ付きパチンコ機
・景品最高限度額1,500円に

1976年

1975年

1974年
・電動役物登場

1973年
・電動式パチンコ機
・景品最高限度額1,000円に

1972年
・玉貸料金1個3円に

1971年

1970年
・遊技場軒数が9,500軒に下落

1969年
・1分間の発射速度が100発以内に

1968年
・景品最高限度額500円に

1967年

1966年

1965年
・オリンピアゲームマシン登場
・店舗数1万2000店

1964年

1963年

1962年

1961年
・大阪方式の景品交換が始まる

1960年
・チューリップ登場

1959年

1958年
・雀球登場
・玉補給装置第1号登場
・店舗数:8,792

1957年
・ジンミット
・コミックゲート
・店舗数:8,487

1956年
・店舗数:9,365

1955年
・店舗数:12,391
・パチンコ機販売額470,847千円

1954年
・連発式パチンコ機が禁止に
・オール20禁止
・店舗数:29,416
・パチンコ機販売台数71,990
・パチンコ機販売額1,871,809千円

1953年
・機関銃式パチンコ機登場
・景品買取りバイ人出没
・店舗数:43,452
・パチンコ機販売台数44,409
・パチンコ機販売額921,747千円

1952年
・店舗数:42,168
・パチンコ機販売額459,663千円

1951年
・全遊連結成
・店舗数:12,038
・パチンコ機販売額236,276千円

1950年
・オール物登場
・店舗数:8,450
・パチンコ機販売額7,380千円

1949年
・玉貸料金1個2円
・店舗数:4,818

1948年
・正村ゲージ登場

1947年

1946年
・パチンコ復活

ギンギラパラダイス4クジラッキーと砂漠の国

メーカー:三洋

【広告】

 

セグ表・判定表
Ginpara4

スペック XMA
タイプ
・マックス
・V確ループ
大当り確率:1/399.6→1/118.0
賞球数:3&1&4&10&12
ラウンド数:2or15R/8C
確変:50%→75%
時短:100回転
ヘソ 特図1
・15R確変:44%
・2R確変:6%
・15R通常:50%
電チュー 特図2
・15R確変:69%
・2R確変:6%
・15R通常:25%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
┣出玉有当たり継続回数:4.14回
┣実質出玉有継続確率:75.8%
┃(ヘソ61.1%、電チュー80.5%)
┣削り無平均獲得差玉:5,179玉
┗電サポ率:55.0%
性能指標
┣4円等価ボーダ(削り無):19.3回転/千円
┣削り補正等価ボーダー:21.3回転/千円
┃(削り4.5%、確変ベース90)
┗1R当たりのトータル確率:1/6.8

スペック YMA 
タイプ
・ミドル
・V確ループ
・ヘソ1個戻し
大当たり確率:1/259.0→1/102.2
賞球数:1&4&10&12
ラウンド数:2or10or15R/8C
確変:55%→70%
時短:50回転
ヘソ 特図1
・15R確変:45%
・10R確変:3%
・2R確変:7%
・10R通常:45%
電チュー 特図2
・15R確変:60%
・10R確変:3%
・2R確変:7%
・10R通常:30%
分析結果サマリー
出玉有当たり継続回数:3.54回
実質出玉有継続確率:71.8%
削り無獲得出玉総差玉:3,814玉
4円等価ボーダ(削り無):17.0回転/千円
(18.2:削り5%,確変ベース0.90)
トータル確率/R:1/6.0
電サポ率:58.3%

スペック WBA
タイプ
・甘デジ
・V確ループ
・リミッター搭載
大当たり確率:1/99.9→1/13.0
賞球数:4&1&3&4&8/9C
├ヘソ:4個
├電チュー:1個
├その他左:3個
├その他右:4個
└大入賞口:8個
Vラウンド:1R×8C×8個
リミット回数:3回
電サポ:25or50or75or100回転
ヘソ 特図1
├8R通常(時短100回):1%
├8R通常(時短75回):4%
├8R通常(時短50回):45%
├4R通常(時短100回):1%
├4R通常(時短75回):4%
├4R通常(時短50回):8%
└4R通常(時短25回):37%
電チュー 特図2
├16R確変:2%
├8R確変:49%
└4R確変:49%
リミット到達時の時短は50回
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
├出玉有当たり継続回数:2.37回
├実質出玉有継続確率:57.9%
│(ヘソ34.7%、電チュー74.8%)
└無駄玉無平均獲得差玉:915玉
性能指標
├補正無等価ボーダー:27.3回転/貸250玉
├貯玉使用不可・6時間ボーダー
│・等価交換:29.5回転/貸250玉
│・3.57円交換:31.0回転/貸250玉
│・3.00円交換:33.7回転/貸250玉
│・2.50円交換:37.0回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/6.9

判別情報

隠れ確変
偶数図柄で大当たりし、ラウンド中演出に失敗すると移行するチャンスモードは基本的には時短100回転だが確変の可能性もあり、その場合は100回転抜け時に電サポ次回の確変ギンギラモードに突入。

甘デジはリミット機で、初回当たりは全て通常、時短での引き戻しにより確変に入り、確変が続き、3回目は通常となり、時短引き戻し無で終了、時短引き戻しで再度3回の確変継続と3回単位の当たりが繰り返される。

義風堂々兼続と慶次

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、スマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

セグ表・判定表
Gifudoudou

メーカー:ニューギン

スペック
タイプ:マックス確変機
大当たり確率:1/399.6→1/62.7
賞球数:3&5&6&15
ラウンド数:2or12or13or15R/9C
確変:82%
時短:7回転
ヘソ(特図1電チュー)
12R(実4R)確変(特図2電チュー次回):33%
13R(実4R)確変(特図1電チュー次回):7.5%
12R(実4R)確変(特図1電チュー次回):41.5%
12R(実4R)通常(特図1電チュー7回転):18%
電チュー
15R確変(特図2電チュー次回):77.5%
2R(出玉無)確変(特図2電チュー次回):4.5%
2R(出玉無)通常(特図2電チュー7回転):18%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
┣出玉有当たり継続回数:4.83回
┣実質出玉有継続確率:79.3%
┃(ヘソ76.3%、電チュー80.1%)
┣削り無平均獲得差玉:6,386玉
┗電サポ率:44.9%
性能指標
┣4円等価ボーダ(削り無):15.6回転/千円
┣アタッカー削り補正:0.85回転/千円
┃(/メイン15R当たり(差玉1,890個)の差玉100個減(削り5.3%))
┣電チュー削り補正:0.40回転/千円
┃(/電チュー100回転時の差玉50個減(ベース90))
┣削り補正等価ボーダー:17.4回転/千円
┃(メイン15R差玉1750個(削り7.4%)、
┃電サポ消化50個減/100回転(ベース90))
┗1R当たりのトータル確率:1/7.9回転

スペック N2-V
タイプ:甘デジ確変機
大当たり確率:1/99.9→1/19.9
賞球数:3&5&8&10/9C
├ヘソ:3個
├電チュー:3個
├その他左:5個
├その他右:8個
└大入賞口:10個
確変:65%
時短:7回転
ヘソ 特図1 振分け
├4R確変(極戦モード):40%
├4R確変(極戦への道モード):25%
└4R通常(時短7回転):35%
電チュー 特図2 振分け
├15R確変(電サポ次回):3%
├7R確変(電サポ次回):57%
├4R確変(電サポ次回):5%
└4R通常(時短7回転):35%
分析結果サマリー
各指標値の定義と数値の意味
基本指標
├出玉有当たり継続回数:3.07回
├実質出玉有継続確率:67.4%
│(ヘソ67.4%、電チュー67.4%)
└無駄玉無平均獲得差玉:1,272玉
性能指標
├無駄玉補正無等価ボーダー:19.6回転/貸250玉
├貯玉使用不可・6時間・無駄玉補正時のボーダー
│・等価交換:20.9回転/貸250玉
│・3.57円交換:21.9回転/貸250玉
│・3.00円交換:23.8回転/貸250玉
│・2.50円交換:26.2回転/貸250玉
└1R当たりのトータル確率:1/6.4回転

判別情報

運命の聚楽第
運命図柄での大当たり後の特図1電チューによる時短7回転の通常か電サポ次回までの確変。
7回転のチャンス中に秀吉に認められれば極戦モードへ、演出に失敗したら通常モードへ。

修羅チャレンジボーナス
参or七以外の図柄揃いの実質4R大当たり。
ラウンド中演出に成功で極戦モードへ、失敗で極戦への道モードへ。

極戦への道モード
修羅チャレンジボーナス失敗で突入する特図1電チュー作動の確変。
運命図柄停止で運命の聚楽第に移行する。

極戦モード
参or七当たりまたは修羅チャレンジボーナス成功、二千石極ボーナス、殿モード成功で突入する特図2電チュー作動の確変。
大当りは二千石極ボーナス(15R)か殿モード(突確or突時)。

殿モード
極戦モードの修羅の刻失敗で突入する出玉無の時短7回転の通常かor電サポ次回までの確変。
ボタンPUSH成功で極戦モードへ。

二千石極ボーナス
極戦モード中の15R確変。

ランプ周辺図
Gifulamp

中古パチンコ機の流通状況

確認証紙(中古用)とは、中古遊技機を営業所へ設置した際に点検確認が適正に行われた証として貼り付けるもので、発給枚数から中古遊技機の流通量を推測することができます。

パチンコ関係記事トップ

【広告】

Amazon通販
ホームページ
タイムセール
ランキング

年度毎の新台入れ替えにおける中古パチンコ機の割合は下記の通りです。
2020年:
2019年:40.0%
2018年:37.8%
2017年:42.7%
2016年:38.2%
2015年:38.5%
2014年:35.2%
2013年:32.7%
・2012年:32.5%

各年度毎の中古パチンコ機の流通状況は下記に載せてあります。
2020年中古パチンコ機の流通状況
2019年中古パチンコ機の流通状況
2018年中古パチンコ機の流通状況
2017年中古パチンコ機の流通状況
2016年中古パチンコ機の流通状況
2015年中古パチンコ機の流通状況
2014年中古パチンコ機の流通状況
2013年中古パチンコ機の流通状況

今度は“屋根”が飛んできた!(マルハン習志野店)

建設当時から住民トラブル続く「マルハン習志野店」今度は“屋根”が飛んできた!
千葉県習志野市のパチンコ店で、駐輪場の屋根の一部が吹き飛んで隣のマンションの自動車を直撃する事故があった。同店は2年前に、設立をめぐって反対運動が巻き起こったが、建設後もトラブルが相次いでおり、さらなる被害に住民たちの怒りは最高潮。

【広告】

 

マンション住民の男性によると5月12日の深夜、マルハン習志野店の駐輪場を覆うアクリル製のカバーパネル12枚が風で外れて宙を舞い、うち3枚が店の隣にあるマンション敷地内に落下。これが駐車場の2台の車を直撃したという。

これが単なる偶発的な事故として済まされないのは、同様の事故が昨年8月にもあったからだ。

反対運動あった習志野パチンコ店・マルハン周辺で続く住民トラブル「明らかに治安が悪化」

建設時に反対運動が起こっていた千葉県習志野市のパチンコ店・マルハンで、客が塀を乗り越えて隣のマンションに不法侵入する事件が起こっていたことが分かった。

9月13日の午後15時20分ごろ、マルハン敷地内から男が塀を乗り越えてマンションの駐車場に侵入し、周辺を物色。男は住民の目撃に気付いて、その場から逃走。被害はなかったが、マンション側は警察に被害届を出したという。

昨年のマルハン建設時、反対した近隣住民の敷地に石やゴミ、鳥や虫の死骸、血のついたティッシュペーパーなどが投げ入れられるという嫌がらせが相次ぎ、以前から警察に相談する住民が続出していた。

死んだハト、血まみれのティッシュ……習志野パチンコ店建設強行問題で、反対住民に相次ぐ嫌がらせ被害

反対運動が起こっていた千葉県習志野市のパチンコ店建設で、一部の反対住民が嫌がらせ被害を受けていたことが分かった。

「おまえの施設が出て行ったらええねん/20人ぐらいのガキのために/何千人もいるパチンコファン犠牲にすんなや」

同市にある障害児童福祉施設に、こんなメールが送られてきたのは、ちょうど建設が始まったばかりの今年5月のこと。
新設のパチンコ店とは、わずか90メートルの距離とあって、施設の関係者がこの建設に対して問題提起を行っていたところ、こうしたメールのほか、多数のゴキブリの死骸や血のついたティッシュペーパーなどが敷地内に投げ入れられた。
さらには運営者の自宅にまで連日、石やゴミが投げつけられるありさまで、反対運動をしていた中心メンバーにも被害が集中。
反対集会を主催した男性の自家用車が傷つけられたり、この件を取材していた地元の記者には「おまえパチンコに反対して何の得があんねん」という脅迫電話があり、庭には死んだハトの死骸が複数、投げ込まれた。

「マルハンが犯人だとは言いませんが、説明会では住民の名前と住所を書かせていたし、近隣のマンションには戸別訪問の意思も示していて、まるで反対住民の個人情報を把握したがっていたように見えたので、怖い」。

習志野パチンコ店建設問題が地元国会議員の“票集め”に利用され、住民激怒「バカにするな!」

「パチンコ店の建設問題を語るというから仕事を休んでまで来たのに、ただの投票の依頼じゃないか!」

事が起こったのは6月10日、習志野市の屋敷会館で行われた前習志野市議・三浦邦雄氏の報告会だった。出席したのは三浦氏のほか、参議院選挙に自民党公認で立候補予定の山東昭子参議院議員と豊田俊郎前八千代市市長の2名ほか、千葉県議の佐藤正己氏。

屋敷4丁目のパチンコ店建設問題-住民集会に参加
習志野市の建築指導課、道路交通課、都市計画課(管理職クラス)が住民の質問に回答。まちづくりの理念、200メートル規制の廃止、実籾方面の狭い道路の危険性、周辺環境の問題など、質問・意見が出されましたが、議会答弁でも聴いたような型通りの回答ばかりでがっかりしました。
規制条例の廃止について「行政は市民任せにし、『(業者との交渉は)市民の皆さんでやってください』ということか」という意見、道路の危険性について「パチンコ客の自動車を実籾方面へ行かせないようにするのは無理ではないか」という意見は、市側の対応の弱点をついていました。

「突然、規制条例が廃止された」習志野の介護施設隣接パチンコ店建設問題で、市長と業者に癒着疑惑
習志野市屋敷で、県立高校や福祉施設の隣にパチンコ店が建設される問題で、住民側から同市の宮本泰介市長ら行政に、業者側との癒着を疑う声が出ている。
777台の専用駐車場を擁する大型パチンコ店の建設予定地に隣接するマンション住民によると、パチンコ店問題が浮上した今年3月「市が突然、これを規制する風俗営業条例の廃止を決めてしまった」という。
この条例はパチンコ店やラブホテルなど、風俗営業による生活環境の悪化を抑止する条例として、国の定めた教育施設などからの禁止距離100メートルを200メートルに拡大したものだった。
パチンコ店の予定地は道路を挟んで実籾高校から約130メートルの距離にあり「本来は国の法律には抵触せずとも、市条例ではアウトというのが我々の認識だった」と住民。
条例が廃止されたのは3月の議会で、主な理由は「効力がない」というものだった。これに立崎誠一氏ら一部議員が「廃止する必要はなく、修正にとどめるべき」と反対したが、賛成21名、反対7名で可決。4月30日をもって廃止が決まった。
「パチンコ業者のマルハンは当初、4月10日に建設予定としていましたが、現在まで着工しておらず、おそらく条例廃止を待ってやるつもりでしょう」と住民。まるで業者と行政が一体となって建設を進めているかのようでもある。
その背景には「市長や議員に癒着の疑いが出ている」と住民。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

無料ブログはココログ