« 川崎市・横浜市東部の鯉のぼりと五月人形飾り | トップページ | 川崎市・横浜市東部のカルガモの赤ちゃん »

川崎市・横浜市東部の蛍

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

とことん散策記事トップ
いろいろコレクション

川崎市・横浜市東部の蛍が鑑賞できる場所をまとめました。
見頃は昨年の開催日あたりを目安にすればよいと思われます。
尚、蛍の発育が悪く、今年の鑑賞会の実施を見送る所もあるようです。

【広告】

中原区井田市民健康の森
・2020年は新型コロナで鑑賞会中止(見れるかどうかは分かりません)
・2019年蛍鑑賞会は5/31~6/2
井田市民健康の森鑑賞会
・2018年蛍鑑賞会は6/1~6/3

高津区たちばなふれあいの森ほたる里
・2019年蛍鑑賞会は6/7~6/9
・2018年蛍鑑賞会は6/1~6/3

宮前区東高根森林公園
育てては無いようですが、湿性植物園で蛍を見ることができるようです。
暗いようですので、そのつもりで準備する必要があるようです。

宮前区とんもり谷戸
蛍観察会が開催されているかは不明。
生田緑地の一部なので、ここから生田緑地のほたるの国にも行けます。

多摩区生地緑地ほたるの国
・2020年は中止と思われます。ビジターセンターは閉まってます。ホタルの国には行くことができると思います。
・2019年蛍鑑賞会は6/14~6/30
まだ鑑賞会会が始まってないので、公園の人に聞いても蛍の発育状況は不明です。
・ホタル観察会は6/15、6/22
18時~19時生田緑地ビジターセンター2階
蛍観察会

鶴見区馬場花木園
・2020年は鑑賞会は中止。蛍の生育は良いようですが、開園が17時までなので見ることはできません。
・2019年は蛍の生育が悪く鑑賞会は中止。6月24日から1週間程度昼間の展示会を開催。
馬場花木園
・2018年は6/9

都筑区佐江戸せせらぎほたる里
・蛍を育てる中心人物が亡くなり、今後蛍は飼育しないとのことです。
・2018年の鑑賞会は6/2

青葉区寺家ふるさと村
鑑賞会はなし。
例年、梅雨入りの頃がピークで、中旬ごろには終わるそうです。
・2019年は例年より生育が悪いとのことです。

緑区北八朔公園
・2019年は生育は例年並みのようです。6月始めから見れてます。
・2018年は6/16、6/23
・2017年は6/11

緑区梅田川(新治市民の森)
場所一本橋メダカ広場から上流部の長い区間
・2020年:6月10日までは育成地域に入らないでの張り紙あり。おそらく見れると思われます。
・2020/5/30見ることはできますが、昨年の台風でダメージを受け今年は生育が芳しくないようです。
・例年5月下旬から蛍が見れますが、2019年は生育が悪いようです。
5月29日に見に行った人の話では、2匹しか見れなったようです。

緑区四季の森公園
・2020年は8月31日まで全てのイベントが中止。終日開園なので蛍を見ることはできると思われます。
・2019年ほたるの夕べは6/9~6/16
ホタルが数多く発生する場所は、例年①②③へと日を追って変化。
①あし原湿原近辺
②ショウブ園近辺
③上の池近辺
・2019年の生育は例年並みとのことです。
ほたるの夕べ

よみうりランドほたる、ねぶたの宵
・2016年は6/1~7/1の金、土、日
会場:聖地公園
入場料500円中学生以下無料
http://www.yomiuriland.com/sp/hotaru/

« 川崎市・横浜市東部の鯉のぼりと五月人形飾り | トップページ | 川崎市・横浜市東部のカルガモの赤ちゃん »

コメント

初めまして。宮本と申します。
蛍に関する記事拝見しました。大変参考になりました。

私は、生田緑地で観賞することを目的に
色々と調べているのですが、
生田緑地は午後5時には閉園するという情報を、生田緑地の公式サイトで拝見しました。

そもそも、ホタルの国というイベントが開催する期間だけは午後9時まで開園しているというのが
恒例なんでしょうか?

拙い言葉で恐れ入ります。

団塊おやじです。
ビジターセンターは17時でクローズのようですが、園内には終日入れると思います。
北口がだめでも、西口、とんもり口、ゴルフ場口とたくさんの園内への入り口があり、夜間でも入ることはできると思います。
コロナの関係でビジターセンターも西口サテライトも閉まっており、今年の蛍に関しては情報が全くありません。
尚、昨年の例だとホタルはボランティアの方が全て行っており、生田緑地の事務所の方に聞いても詳しいことは分かりませんでした。ボランティアの方が作ったポスターのみが頼りです。今年は今の所そのポスターも張られてません。
ブログに添付してある去年のポスターに基づいて行動するしかなさそうです。
ほたるの国は西口からが近いです。懐中電灯使用禁止ですが、山道なのでどのていどの照明かは不明です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎市・横浜市東部の鯉のぼりと五月人形飾り | トップページ | 川崎市・横浜市東部のカルガモの赤ちゃん »

無料ブログはココログ