« 牙狼8 | トップページ | 川崎市・横浜市東部の土佐水木 »

依存症対策の基本計画を閣議決定

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では、動作の一部が正しく実行されません。また、広告表示がなくなります。

パチンコ関係記事トップ

スマホ・携帯利用時に本ページの先頭・末尾に表示されるバナー広告はニフティが付けているもので、当ブログとは無関係です。
AMAZONホームページ
AMAZONタイムセール
AMAZON売れ筋ランキング
パチンコ本ベストセラー

2019/4/19依存症対策の基本計画を閣議決定

4月19日、ギャンブル等依存症対策推進基本計画を閣議決定されました。ぱちんこに関しては基本計画案とほぼ同じ内容です。

パチンコに関する主な依存症対策は以下の通りです。
・平成31年度中に、本人の同意のない家族申告による入店制限を導入
・平成33年度までに、複数店舗への申告に関する負担軽減策を実施。顔認証システムの活用に係るモデル事業等の取組を検討。
・ぱちんこ営業所のATM等の撤去
・平成33年春までに、全ての遊技機を新基準に適合するものに入れ替える
・出玉情報等を容易に確認できる遊技機の開発・導入
・第三者機関(遊技産業健全化推進機構)による依存防止対策の立入検査。

2019/3/6ギャンブル等依存症対策推進基本計画案が明らかに

第2回ギャンブル等依存症対策推進関係者会議でギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)が示されました。パチンコ業界、関係事業者がギャンブル等依存症対策として取組むべき具体的な主な施策は、
・平成31年中に、本人の同意のない家族申告による入店制限を導入。
・平成33年度までに、顔認証システムの活用による家族申告の複数店舗への適用。
・平成31年度以降、営業所内に設置されているATM及びデビットカードシステムの撤去。
・出玉規制に係る旧基準の遊技機の経過措置が終了する平成33年春までに、全ての遊技機を新基準に適合するものに入れ替える
・都道府県考案委員会による報告・立入り、遊技産業健全化推進機構による点検を通じて、各営業所における依存防止対策の取組状況を随時確認し、改善を促進。

« 牙狼8 | トップページ | 川崎市・横浜市東部の土佐水木 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牙狼8 | トップページ | 川崎市・横浜市東部の土佐水木 »

無料ブログはココログ