« 北斗の拳7天破(設定付)設定判定 | トップページ | 信長の野望創造 »

北斗の拳7天破(設定付)セグ情報

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。

パチンコ関係記事トップ

ページの構成
セグの番号
確変・通常の決定方法
特図1セグリスト
特図2セグリスト

【広告】

メイン記事:北斗の拳7

セグ情報(セグリスト)

セグの番号
上段:特図1下段:特図2
①②③④⑤⑥⑦⑧
①②③④⑤⑥⑦⑧

尚、セグ横のラウンドランプは下記の通りです。
4R

●●
9R

●● 

確変・通常の決定方法

設定毎に通常、高確の確率の差がありますが、平均をとると、
・通常1/92.5
・高確1/40.4

電サポ有無しにかかわらず、40回転以内で引き戻す確率pは下記となります。
・通常35.2%
・高確63.3% セグ毎にN回の当たりで、40回転以内で引き戻した回数をnとすると、
P値=(n-平均値)/標準偏差=(n-N*p)/√(N*p*(1-p))
t値=tdist(P値,N-1,2)
を確率pが通常、高確の場合について計算します。
tdistはt分布を計算するexcelの関数で、2は両側検定を行うことを指定します。t値が20%以下(5回に1回の割合で誤った判断をする可能性あり)を観察値が通常、高確の状態を否定するものと判定します。

この条件で計算すると、通常、確率を判定する条件は下記となります。
回数 通常の範囲 確変の範囲
1回  無    無
2回  無    無
3回  0回   3回
4回  0回      3回以上
5回  1回以下 4回以上
6回  2回以下 4回以上
7回  2回以下 5回以上
8回  3回以下 5回以上
9回  4回以下 6回以上
10回  4回以下 6回以上
11回  4回以下 7回以上
12回  5回以下 7回以上
13回  5回以下 7回以上
14回  6回以下 8回以上
15回  6回以下 8回以上

例えば、6回の当たりを観察した場合、
40回転以内での引き戻しが2回なら、通常
40回転以内での引き戻しが3回なら、判定できず、
40回転以内での引き戻しが4回なら、確変
となります。

尚、3、7の当たりは確変と思われます。

特図2の振分けは9R、4Rとも、確変60%:通常40%となってます。相当数のセグを確認しまししたが、9Rは確変が異常に多く、4Rは通常が異常に多い結果となってます。特図2の全体の振分けは、確変60%:通常40%かも知れませんが、9Rは確変を多くして、4Rは通常を多くしているかも知れません。

特図1セグリスト
状態
9確:9R確変(ST40回、電サポ100回)
4潜4R確変(ST40回、電サポ25回)
4通4R通常(時短25回)
セグリスト(セグ:状態)
1:9確
12:4潜
13:4通
14:4潜
15:4通
16:4通
174通
18:4潜
2:4通
23:4通
24:4通
25:4潜
26:4潜
27:4潜
28:4通
3:4通
34:4潜
35:4潜
36:4通

特図2セグリスト
状態
9確:9R確変(ST40回、電サポ100回)
4確4R確変(ST40回、電サポ100回)
9通9R通常(時短100回)
4通4R通常(時短100回)
セグリスト(セグ:状態)
1237:4確
12378:4通
124:9確
1245:9通
126:9確
127:9確
1278:
9確
128:9確
1345:4通
13458:4通
1346:
4確
1456:
4通
234:9通
2345:4通
23578:4確

236:9確
238:
9確
245:9確
2457:9確

« 北斗の拳7天破(設定付)設定判定 | トップページ | 信長の野望創造 »

コメント

特図2の234は、ラウンド昇格したので、9確or通かと

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北斗の拳7天破(設定付)設定判定 | トップページ | 信長の野望創造 »

無料ブログはココログ