« 川崎市・横浜市東部2019年七福神めぐり | トップページ | 外国人労働者とパチンコ業界 »

厚労省「フロア全体が喫煙室」容認へ

厚労省「フロア全体が喫煙室」容認へ 分煙の選択肢増す

2020年4月から始まる受動喫煙対策をめぐり、厚生労働省の専門委員会は11日、階数が複数ある店舗では、2階以上のフロア全体を「喫煙室」とみなすことを認める方針を決めた。喫煙室の考え方を広げ、フロア全体でたばこを吸うことができ、加熱式たばこに限れば飲食などもできるようになる。密閉された喫煙室をつくる必要がなく、店舗や施設は選択肢が増える。

煙は基本的に上に向かうため、禁煙のフロアより上の階で喫煙すれば、下の階に煙が流れず、望まない受動喫煙は防げると判断した。委員から特に異論は出なかった。吹き抜けがあるなど受動喫煙を防げない構造では認めない方針だ。

但し、東京都受動喫煙防止条例可決など、自治体で独自に規則を制定している場合はこの例外が適用されない可能性があります。

スマホ・携帯利用時に本ページの先頭・末尾に表示されるバナー広告はニフティが付けているもので、当ブログとは無関係です。
AMAZONホームページ
AMAZONタイムセール
AMAZON売れ筋ランキング
パチンコ本ベストセラー

« 川崎市・横浜市東部2019年七福神めぐり | トップページ | 外国人労働者とパチンコ業界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎市・横浜市東部2019年七福神めぐり | トップページ | 外国人労働者とパチンコ業界 »

無料ブログはココログ