« JAWS再臨 | トップページ | 2018年の川崎市・横浜市東部の桜便り »

パチンコ店ができると依存症者が増える(毎日新聞)

パチンコ店ができると、男性ではギャンブル依存症を疑われる確率が高まるとの調査結果を慶応大大学院経営管理研究科の後藤励准教授らのグループがまとめた。

男性の場合、
・パチンコ店から半径3キロ以内に住むと依存症が疑われる確率が1.9%増える。
・1.5キロ以内では3%増える。

パチンコ店ができると、男性、独身、低所得の各グループはの依存症の確率は高まったが、女性には影響はなかった。

« JAWS再臨 | トップページ | 2018年の川崎市・横浜市東部の桜便り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JAWS再臨 | トップページ | 2018年の川崎市・横浜市東部の桜便り »

無料ブログはココログ