« アントニオ猪木6 | トップページ | 川崎市・横浜市東部の山茶花・寒椿 »

川崎市・横浜市東部からの山岳眺望

掲載場所が多くなり、1つのページ内で全てを載せるのは大きくなり過ぎたので、区毎に分割しました。各区の記事は下記です。
川崎区からの山岳眺望
幸区からの山岳眺望
中原区からの山岳眺望
高津区からの山岳眺望
宮前区からの山岳眺望
多摩区からの山岳眺望
麻生区からの山岳眺望
鶴見区からの山岳眺望
神奈川区からの山岳眺望
港北区からの山岳眺望
都筑区からの山岳眺望
青葉区からの山岳眺望
緑区からの山岳眺望

また、文書量が多くなったため、主要な山の解説を分離しました。
富士山の見え方
南アルプスの眺望
関東北部・上越・東北南部の山岳眺望

川崎市・横浜市東部から見える山岳
・丹沢・箱根・奥多摩・奥秩父の山は近いのでほぼどこからも見えます。
・富士山はほぼどこからも見えます。場所によって大きく見えたり、小さく見えたりします。富士山の見え方を参照して下さい。
・南アルプスは間ノ岳、北岳はほぼどこからも見えます。塩見岳、農鳥岳も見える場所が多いです。塩見岳より南の赤石・荒川三山、聖岳は前の山が邪魔して見えないようです。
南アルプスの眺望を参照して下さい。
・八ヶ岳は距離的に非常に小さく見え、緑区の高尾山、東本郷第一公園から見えるようです。
・北関東の山は多摩区から見えます。桝形山展望台からは、武甲山、谷川岳、榛名山、赤城山、奥白根三山、男体山、筑波山が見えます。その北のよみうりランドからは女峰山が見えます。多摩区以外からも見えるかも知れません。関東北部・上越・東北南部の山岳眺望を参照して下さい。
・房総、三浦半島は東扇島、大黒埠頭や子安台公園から見えます。

2019年の主な山岳眺望追加場所
・多摩川沿線
・鶴見川沿線
・川崎区東扇島
・麻生区たくさん追加
・港北区たくさん追加
・都筑区たくさん追加
・緑区たくさん追加
・鶴見区たくさん追加
・その他の区もたくさん追加してます。

山岳眺望場所ベスト10
1位 生田緑地桝形山展望台(多摩区)
2位 東本郷第一公園(緑区)
3位 東鴨居中学校(緑区)
4位 王禅寺見晴らし公園(麻生区)
5位 多摩川の橋(大師橋~多摩水道橋)
6位 鶴見川の橋(鷹野大橋から鴨池大橋)
7位 大黒埠頭海づり公園(鶴見区)
8位 稲荷前古墳群(青葉区)
9位 高田中学付近駐車場(港北区)
10位 高尾山(緑区)

スマホ・携帯利用時に本ページの先頭・末尾に表示されるバナー広告はニフティが付けているもので、当ブログとは無関係です。
AMAZONホームページ
AMAZONタイムセール
AMAZON売れ筋ランキング

横浜・川崎ガイド

山岳の直線距離

地球の半径をR、眺望する対象の標高をHとすれば、標高0の地点から見える距離Lは、ピタゴラスの定理より、(R+H)^2=R^2+L^2となります。これを解けば、L^2=(R+H)^2-R^2=(2R+H)*H=2RHとなり、L=√(2RH)となります。地球の半径=6,371kmですので、L=112.9*√Hとなります。

標高hの地点からは、山頂ギリギリでL=112.9*(√H+√h)の距離の地点までの山を見ることができます。

富士山を標高100mの地点から見れば、112.9*(√3.8+√0.1)=256km
富士山を標高00mの地点から見れば、112.9*(√3.8+√0)=220kmとなります。
220kmは富士山から、日立市、小千谷市、砺波市、勝山市、長浜市、松坂市などが該当します。

北岳を標高100mの地点から見れば、112.9*(√3.1+√0.1)=234km
北岳を標高00mの地点から見れば、112.9*(√3.8+√0)=199kmとなります。
200kmは北岳から、笠間市、大田原市(207km)、長岡市(203km)、敦賀市、松坂市などが該当します。

川崎市・横浜市東部から見ることのできる山岳の、生田緑地の桝形山からの直線距離を測りました。

茨城県
・筑波山(877m):85km
日光
・男体山(2486m):128km
・日光白根山(2578m):128km
群馬県
・赤城山(1828m):108km
・谷川岳(1978m):147km
・榛名山(1449m):114km
奥多摩・奥秩父
・奥多摩御嶽山(929m):41km
・雲取山(2017m):61km
・大菩薩嶺(2057m):66km
・甲武信ヶ岳(2475m):81km
・金峰山(2599m):89km
南アルプス
・北岳(3193m):121km
・農鳥岳(3051m):121km
・間ノ岳(3190m):121km
・塩見岳(3047m):129km
・赤石岳(3121m):129km
・聖岳(3013m):131km
丹沢
・大山(1252m):37km
・丹沢山蛭ヶ岳(1673m):41km
八ヶ岳
・赤岳(2899m):116km
富士山
・富士山(3776m)81km
伊豆箱根
・箱根山(1438m):66km
・天城山(1406m):99km
東京湾
・三浦半島大楠山(241m):45km
・房総半島鋸山(329m):58km

« アントニオ猪木6 | トップページ | 川崎市・横浜市東部の山茶花・寒椿 »

コメント

「横浜市から南アルプスは見える」で検索して、このページに来ました。
以前から横浜市市北部から北岳など南アルプス北部が見えることは知っていました。
私の家の近くに、関東の富士見百景に指定された「松の内公園馬の背遊歩道」があり、その紹介のHPに「赤石岳」「聖岳」が見えると書いてあります。でも、見えないようです。南アルプス南部の山が確実に見えるのは磯子区の円海山から鎌倉天園に向かうハイキングコースの途中の庄戸団地に東側の尾根です。見えるのは「悪沢岳」と「赤石岳)ではないかと思いますが、自信はありません。肉眼では雲かと間違いそうですが、写真で確認できました。

南アルプス北部間ノ岳から静岡・長野県境を主稜線が延びてます。

塩見岳、荒川三山、赤石岳、聖岳、茶臼岳、光岳と続きます。

間ノ岳と北岳の途中に静岡・山梨県境の山が分岐し、農鳥岳、笹山、笊ヶ岳、七面山、身延山と続きます。

横浜方向から、赤石・荒川三山を眺望する場合、笹山(2718m)から笊ヶ岳(2629m)の間から見ることになります。

この間の最も低い場所が2000mギリギリで、赤石・荒川三山さらに南の聖岳を見るのはそうとう厳しそうです。

横浜北部の青葉区稲荷前古墳から荒川三山を見る場合、いずれも山梨県の山ですが、順に、
・菜畑山1283m
・霜山1307m
・節刀ヶ岳1736m
・釈迦ヶ岳1641m
・別当代山(南アルプス)2215m
の付近の山があります。

横浜南部の金沢八景駅から荒川三山を見る場合、いずれも山梨県の山ですが、順に、
・雨ヶ岳1771m
・御殿山1670m
・笊ヶ岳(2629m)の北1.5km地点。標高2000m弱

磯子区の庄戸団地に東側の尾根から南アルプス南部の山が見えるとのことですが、そのあたりは金沢八景駅と荒川三山を結ぶ線上にあります。権現山展望台もその近くですか?

笹山(2718m)から笊ヶ岳(2629m)間の一番低い地点だから見ることができているのかも知れません。

因みに50年ほど前の学生時代、赤石岳は2回登りました。1回は茶臼岳から北岳の縦走です。南アルプス南部は一番好きな山です。

写真をHPに載せました。http://franciscoalfonsokazuo3110.web.fc2.com/essay/shumeiki/index_shumei.html
をご覧ください。

ありがとうございます。左赤石岳、右荒川3山ですか。予想通り、前の山が農鳥岳から南に延びる静岡県・山梨県の山で、その一番低いところから荒川3山が見えてます。3つピークがあるので、悪沢岳、中岳、前岳かも知れません。悪沢岳の右が別当代山2215mで横浜北部からはこの山が邪魔して見えないようですね。こんな鮮明な写真みるのは初めてです。
当該url当ブログでリンク張ってもよろしいですか?

リンクOKです

リンク確認しました。
私には南アルプスの視界を遮っている山は、山中湖の東の三国山の北側三国峠から切通峠までの間の山のように思われます。

2月12日、ひよどり団地入口写真を撮ったら、男体山が写りました。奥日光の山、赤城山もかろうじて写っているようです。HPに載せましたので、ご覧ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アントニオ猪木6 | トップページ | 川崎市・横浜市東部の山茶花・寒椿 »