« 川崎市・横浜市東部の桐 | トップページ | 川崎市多摩区のウォーキングコース »

川崎市・横浜市東部の水辺に咲く花

睡蓮(スイレン)

睡蓮(スイレン)はスイレン科スイレン属の花で、地下茎から茎を伸ばし、水面に葉と花を浮かべます。

日本には(未草)ヒツジグサのみが古来から生育してます。白い小柄な花です。花期は6月~11月。未(ひつじ)の刻(午後二時ごろ)に花を開くと考えられていたため、ヒツジグサの名があるが、実際には午前中から夕方まで咲いてます。一つの花は3日、3回咲いたあと、水中に沈んで実をつけるそうです。ヒツジグサ以外は明治時代以降に輸入された園芸種です。三渓園の睡蓮が有名です。

県立東高根森林公園
・2017/5/25宮前区の東高根森林公園の池に紫の睡蓮が咲いてました。
Higashitakanesuiren

せせらぎ公園
都筑区仲町台のせせらぎ公園の池に睡蓮があります。奥の緑の方が白い花を咲かすヒツジグサで手前の赤いはピンクの花が咲くそうです。
Seseragiike
・2017/5/6ヒツジグサは開花してました。
Seseragihitsujigusa

河骨(コウホネ)

河骨(コウホネ)は水中から花茎を伸ばして5cmほどの黄色い花を1輪咲かせます。開花時期は6月~9月です。5枚の花びらのように見えるものは萼で、やがて緑色になります。萼の内側に爪のようなものがたくさんあるが、これが花びらです。その内側にたくさんの雄しべがあり、真ん中に雌しべの柱頭が1つあります。

菊名池
2017/5/9港北区菊名池のコウホネが開花してました。この池にはもともと睡蓮が植えられていたようですが、池が汚れるとの理由で除去され、代わりのコウホネが繁殖したようです。地元の人は睡蓮が見れなくなってガッカリしていると嘆いてました。
Kikunaikehouhone

浅沙(アサザ)
ミツガシワ科アサザ属の多年草。
夏から秋にかけて黄色の花を咲かせます。

緑化センター
・2017/5/25多摩区の緑化センターの池にアサザが咲いてました。
Ryokkacenterasaza

« 川崎市・横浜市東部の桐 | トップページ | 川崎市多摩区のウォーキングコース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎市・横浜市東部の桐 | トップページ | 川崎市多摩区のウォーキングコース »