« 川崎区の石像・石塔・小堂 | トップページ | 幸区とことん散策記事目次 »

幸区の石像・石塔・小堂

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。

とことん散策記事トップ
幸区とことん散策記事目次

本記事では古来からの民間信仰とし祀られた石像、石塔とそれを納める小さな堂をまとめてます。路傍にあるものは、これらの他に、地蔵、観音などの道標、仏像、供養塔などを加えて載せてあります。神社、仏閣にあるものは、道標、仏像、供養塔などは除いて載せてあります。

ページの構成
戸手以南エリア
古市場・小向エリア
塚越・下平間・古川町エリア
鹿島田・小倉・新川崎エリア
加瀬・矢上エリア

売れ筋(スマホ;雑貨;食品飲料)
タイムセール;お買い得;在庫処分

庚申塔
庚申塔は道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔です。
庚申の申は干支で猿であることから「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を彫ったものが一般です。
仏教では、庚申の本尊は青面金剛とされるため、青面金剛が彫られることが多いが、地蔵菩薩などの仏さまが彫られることもある。
神道では本尊は猿田彦神とされ、猿田彦神が彫られることもある。

地神塔
地神は日本の農村で祖先信仰を基盤に,土地の守護,農耕の神として祀るもの、特定の家の田畑などに祀り,その田や畑を開拓した人を地神とするもの、家人が死んで 33年を経過すると,地神と呼ぶ祖先神になるというものなど地方によっていろいろあります。
堅牢地神は、大地を堅固ならしめる大地女神で、仏法が流布される処に赴いて、その仏・如来の法座の下にあって警護します。

道祖神
道祖神は、村の守り神、子孫繁栄、旅や交通安全の神として、集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神です。
道陸神、賽の神、障の神、幸の神などとも呼ばれます。
形状は色々ありますが神奈川県は男神と女神の双体道祖神が多いようです。

月待塔
月待信仰は、特定の月齢の夜に集まり、月待行事を行った講中です。
二十三夜待は勢至菩薩を本尊とし、月待を行う日は、毎月23日、あるいは正月、5月、9月、11月の23日など異なります。

馬頭観音
馬頭観音は観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、六観音の一尊に数えられています。
観音としては珍しい忿怒の姿をとるとも言われ、柔和相と憤怒相の二つの相を持つが、通例として憤怒相を呼ぶことが多い。
馬頭という名称から、民間信仰では馬の守護仏としても祀られてきた。

戸手以南エリア

庚申塔
幸区幸町3-402
堂内は大きな青面金剛ですが見ることができません
庚申塔
庚申塔
庚申塔

庚申塔
幸区都町4-2延命寺参道
延命寺庚申

庚申社(青面金剛)
幸区都町74南河原公園
南河原公園庚申

本田地蔵
幸区紺屋町26本田地蔵尊
本田地蔵

石橋供養塔・庚申供養塔
幸区紺屋町26本田地蔵尊
庚申供養塔

古市場・小向エリア

庚申塔(青面金剛)
幸区東古市場83天満天神社
天満天庚申塔

塚越・下平間・古川町エリア

塚越地蔵尊
幸区塚越1-131
塚越地蔵尊

庚申塔(青面金剛)
幸区塚越2-118東明寺参道
東明寺庚申塔

古川庚申堂(青面金剛)
幸区古川町96古川神明大神
古川庚申堂

鹿島田・小倉・新川崎エリア

庚申塔(青面金剛)
幸区鹿島田2-15
庚申塔

道祖神
幸区鹿島田2-22鹿島大神
鹿島大神道祖神

庚申塔
幸区小倉1-4-6杉山神社前
杉山神社庚申塔

庚申塔(阿弥陀如来)
幸区小倉2-7-1無量院
無量院庚申塔

あぐり地蔵尊
幸区小倉5-22末吉橋交差点の北の小堂
あぐり地蔵尊

馬頭観音
幸区小倉5-22
馬頭観音

加瀬・矢上エリア

道祖神
幸区南加瀬1-6夢見ヶ崎稲荷社
道祖神

夢見ヶ崎庚申様
幸区南加瀬1-38夢見ヶ崎公園の坂道の途中
夢見ヶ崎庚申様

道祖神
幸区南加瀬2-1ひがしバス停付近
南加瀬道祖神

馬頭観音
幸区南加瀬3-13
馬頭観音

道祖神
幸区南加瀬3-26稲荷社
稲荷社道祖神

地蔵菩薩
幸区南加瀬4-39
地蔵菩薩

庚申塔(青面金剛)
幸区南加瀬5-29
南加瀬庚申塔

道祖神
幸区南加瀬5-30
道祖神

庚申塔(青面金剛)
幸区北加瀬1-7
北加瀬庚申塔

庚申塔(地蔵・観音)
幸区北加瀬1-12-20寿福寺
寿福寺庚申塔

庚申塔(青面金剛)
幸区北加瀬1-35
北加瀬庚申塔

庚申塔(青面金剛)
幸区北加瀬2-6
北加瀬庚申塔

庚申塔(青面金剛)
幸区北加瀬2-11
北加瀬庚申塔

庚申塔(青面金剛)
幸区北加瀬3-1
庚申塔

お地蔵さん・庚申塔
幸区北加瀬3-22鎌倉古道道標
鎌倉古道道標

« 川崎区の石像・石塔・小堂 | トップページ | 幸区とことん散策記事目次 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎区の石像・石塔・小堂 | トップページ | 幸区とことん散策記事目次 »

無料ブログはココログ