« 生活保護費をパチンコで使い果たして金目当ての殺人か | トップページ | ふるさと麻生八景 »

パチンコ打つお金のため営利目的で養子あっせん

昨日、営利目的で養子縁組をあっせんしたとして民間団体の元役員の男2人が逮捕された事件で、2人は受け取った金の大半をパチンコ代などの遊興費に使っていたとみられることがわかった。

全検挙件数/1万人

警察庁が発表した「平成28年犯罪統計資料」(暫定値)によれば、昨年1年間の刑法に関わる犯罪の認知件数は996,204件であり、刑法に関わる犯罪の検挙件数は337,096件、検挙した人数は226,418人。

国内で犯罪を犯した人も検挙されると思われますので、対象となる母集団の人数を1.4億人とすると、

検挙件数/1万人=337,096/14,000=24件/1万人

パチンコ・ギャンブルに起因する犯罪の検挙件数/1万人

重症化因子のある人は今も50万~100万人いるはずとのことですので、重症化した依存症者がパチンコ・ギャンブルに起因する犯罪を犯すものとすれば、

検挙件数/1万人=2,328/75(50万~100万の中間値)=31件/1万人

« 生活保護費をパチンコで使い果たして金目当ての殺人か | トップページ | ふるさと麻生八景 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活保護費をパチンコで使い果たして金目当ての殺人か | トップページ | ふるさと麻生八景 »

無料ブログはココログ