« 鶴見区とことん散策記事目次 | トップページ | 横浜市港北区の石像・石塔・小堂 »

青葉区の石像・石塔・小堂

本記事では古来からの民間信仰とし祀られた石像、石塔とそれを納める小さな堂をまとめてます。

路傍にあるものは、これらの他に、地蔵、観音などの道標、仏像、供養塔などを加えて載せてあります。
神社、仏閣にあるものは、道標、仏像、供養塔などは除いて載せてあります。

庚申塔
庚申塔は道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔です。
庚申の申は干支で猿であることから「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を彫ったものが一般です。
仏教では、庚申の本尊は青面金剛とされるため、青面金剛が彫られることが多いが、地蔵菩薩などの仏さまが彫られることもある。
神道では本尊は猿田彦神とされ、猿田彦神が彫られることもある。

地神塔
地神は日本の農村で祖先信仰を基盤に,土地の守護,農耕の神として祀るもの、特定の家の田畑などに祀り,その田や畑を開拓した人を地神とするもの、家人が死んで 33年を経過すると,地神と呼ぶ祖先神になるというものなど地方によっていろいろあります。
堅牢地神は、大地を堅固ならしめる大地女神で、仏法が流布される処に赴いて、その仏・如来の法座の下にあって警護します。

道祖神
道祖神は、村の守り神、子孫繁栄、旅や交通安全の神として、集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神です。
道陸神、賽の神、障の神、幸の神などとも呼ばれます。
形状は色々ありますが神奈川県は男神と女神の双体道祖神が多いようです。

月待塔
月待信仰は、特定の月齢の夜に集まり、月待行事を行った講中です。
二十三夜待は勢至菩薩を本尊とし、月待を行う日は、毎月23日、あるいは正月、5月、9月、11月の23日など異なります。

馬頭観音
馬頭観音は観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、六観音の一尊に数えられています。
観音としては珍しい忿怒の姿をとるとも言われ、柔和相と憤怒相の二つの相を持つが、通例として憤怒相を呼ぶことが多い。
馬頭という名称から、民間信仰では馬の守護仏としても祀られてきた。

新石川・あざみ野エリア
荏田エリア
美しが丘エリア
荏子田・すすき野・もみのき台・元石川エリア
大場町・黒須田・鉄町エリア
市ヶ尾町・谷本エリア
藤が丘・みたけ台・柿の木台以南エリア
桜台・桂台以北エリア
青葉台・松風台・榎が丘・しらとり台エリア
田奈・こどもの国線沿線エリア

AMAZONホームページ
AMAZONタイムセール
AMAZON売れ筋ランキング

横浜・川崎ガイド
神奈川の神社仏閣

新石川・あざみ野エリア

青面金剛(庚申塔)

荏子田・すすき野・もみのき台・元石川エリア

青面金剛(庚申塔)

大場町・黒須田・鉄町エリア

庚申塔
ふだんはカギがかかってます。偶然墓参りの方がおられたので、入れてもらいました。
庚申塔

庚申塔(青面金剛)

庚申塔・馬頭観音

市ヶ尾町・谷本エリア

庚申塔(青面金剛)
庚申塔

庚申塔(地蔵菩薩)
東福寺庚申

庚申塔
前左端、後右端が青面金剛です
千日堂庚申

藤が丘・みたけ台・柿の木台以南エリア

庚申塔(六地蔵石憧)・堅牢地神

庚申塔

庚申塔(青面金剛)
庚申塔

庚申塔2基・地神塔・馬頭観音

地蔵菩薩

地神塔

地神塔

庚申塔(青面金剛)・地蔵菩薩

桜台・桂台以北エリア

青葉台・松風台・榎が丘・しらとり台エリア

庚申塔
青葉区しらとり台61-12神鳥前川神社
神鳥前川神社庚申塔

田奈・こどもの国線沿線エリア

庚申塔(青面金剛)
青葉区田奈町15-9萬福寺
萬福寺庚申塔

道祖神
青葉区田奈町15-9萬福寺
萬福寺道祖神

堅牢地神
青葉区田奈町15-9萬福寺
萬福寺堅牢地神

庚申塔2基
青葉区田奈町37-12椎ノ木地蔵尊
椎ノ木地蔵尊庚申塔
椎ノ木地蔵尊庚申塔

馬頭観音
青葉区田奈町37-12椎ノ木地蔵尊
椎ノ木地蔵尊馬頭観音
椎ノ木地蔵尊馬頭観音

庚申塔(青面金剛)
青葉区恩田町2169薬師堂
庚申塔

庚申塔
青葉区恩田町2256
庚申塔

庚申塔・馬頭観音
青葉区恩田町2287
庚申塔・馬頭観音

庚申塔(青面金剛)
青葉区恩田町2290
庚申塔

庚申塔・地蔵菩薩
青葉区恩田町2309青葉ガーデン裏山
庚申塔

庚申塔(青面金剛)

庚申塔(地蔵菩薩)

庚申塔(青面金剛)

庚申塔(帝釈天王)

庚申塔・延命地蔵

« 鶴見区とことん散策記事目次 | トップページ | 横浜市港北区の石像・石塔・小堂 »

コメント

青葉区の石像・石塔・小堂の新石川・あざみ野エリア
新石川1-17の庚申塔の記事を興味深く見させていただきました。知り合いに視覚障がい者(数名のグループ)に街歩きコースを紹介している者がおり、来週あざみ野近辺を下調べする予定です。その際、庚申塔の前を通過するとちょっとした話題となる可能性があります。
・この庚申塔は、普通の道から見えますか?
・道路に看板は出ていますでしょうか?
もし、お知らせいただけますと、あり難いのですが・・・

現在、全部の庚申塔の住所の所にgoogleマップのリンクを張り付けている最中です。川崎7区と鶴見区は完了してますが、青葉区はまだです。この地図をスマフォで見れば、設置場所がすぐに分ります。青葉区も神社、仏閣、石塔、石仏、祠のマップをとりあえず張っておきますのでご利用下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶴見区とことん散策記事目次 | トップページ | 横浜市港北区の石像・石塔・小堂 »