« 川崎市多摩区の古代遺跡 | トップページ | 北斗の拳7転生の章(ミドル)詳細分析 »

川崎市麻生区の古代遺跡

川崎市麻生区の古代(縄文時代、弥生時代、古墳時代)の遺跡(古墳、塚、貝塚、住居跡など)です。

早野横穴墓
川崎市麻生区早野聖地公園
古墳の説明(川崎市)
2017/2/1にいったら横穴付近は大規模の工事中で立ち入り禁止です。工事が終わるまで時間がかかりそうです。

子の神社古墳
川崎市麻生区早野65
社務所の建設で消滅
Hayanonenojinja
Nenokoshamusho

高石古墳
川崎市麻生区高石1-30/1-26
高石神社は麻生区高石1-31-1です。高石1-30と高石1-26と2つの場所が古墳跡といわれてますが、殆どが住宅地で、古墳らしきものは見つかりません。恐らく消滅していると思われます。
Yomiuri30

牛塚古墳
川崎市麻生区王禅寺東6-9
民家の裏庭に鳥居と祠があるようです。
当該住所の鳥居と祠があった場所
Ushitsukakofun

狐塚古墳
川崎市麻生区王禅寺東6-17

下麻生古墳
川崎市麻生区下麻生2-20
籠口ノ池の西側にある果樹園の中にあったとされる古墳
消滅
当該住所に果樹園はありましたが、運よく所有者がおられたので聞いたら、果樹園の中に古墳があった記憶はないが、裏の住宅や山にあったとのことでした。
Shimoasoukofungun

下麻生亀井古墳群
川崎市麻生区上麻生7-38-4月読神社周辺
古墳の説明
・下麻生亀井1号墳:円墳(東参道を20m下った尾根先端付近)
Kamei1goufun
・下麻生亀井2号墳:円墳(東参道を下りすぐ右側竹林内)
Kamei2goufun
・下麻生亀井3号墳:円墳(南参道を25m下った左側)
左側は竹林で古墳らしきものは見当たりません。
Kamei3goufun
尚、右側は幼稚園の敷地ですが、この付近に小山みたいなものが2つありました。

片平富士塚古墳
川崎市麻生区片平(町田市能ヶ谷7-30近辺)
日本政策投資銀行の鶴川運動場の2面ある野球場の北面の小山
古墳の説明
円墳
当該場所はJR東海の所有になってました。リニアの施設を作るそうです。
Katahirakofun

黒川東遺跡
麻生区黒川
営農団地造成時に発掘された。
広域の軌跡のようですが、稲城市坂浜地区では本格的遺跡調査は行われてません。
尚、この付近は大規模の宅地造成が行われてます。新たな出土品が出てくるものと思われます。
Kurokawaazuma
Kurokawaazuma1

« 川崎市多摩区の古代遺跡 | トップページ | 北斗の拳7転生の章(ミドル)詳細分析 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎市多摩区の古代遺跡 | トップページ | 北斗の拳7転生の章(ミドル)詳細分析 »