« 日吉地区コース5 | トップページ | 川崎区の人工島めぐり »

鶴見区市境(鷹野大橋~大川町京浜運河)

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。

とことん散策記事トップ
川崎市散策総合記事目次
川崎市境一周編

矢上川が鶴見川に合流する鷹野大橋から鶴見川を下り、末吉橋で左折して南武線付近の市境を南下し、大川町の京浜運河に出会うまでの全長11.5kmのコースです。

【広告】

Amazon:タイムセール お買い得
売れ筋(スマホ 雑貨 食品飲料)

矢上川が鶴見川に合流する地点は港北区、鶴見区、幸区の境です。この付近に鷹野大橋があります。
矢上川合流点
鷹野大橋

鶴見区との市境は末吉橋までは鶴見川の真ん中ですので、鷹野大橋から鶴見川に沿って末吉橋に行きます。
末吉橋

末吉橋から市境は南武線矢向駅方向に左折してます。従って、末吉橋の道(環状2号線)を真っすぐ尻手黒川道の末吉橋交差点まで行きます。近くにあぐり地蔵尊があります。
あぐり地蔵尊

市境の道は、この交差点より少し川崎よりに行ったところにあります。この道はギザギザ曲がりくねってますが、川崎側小倉、鶴見区側矢向の住居表示を見ながら、看護短期大学を過ぎ、江ヶ崎跨線橋で横須賀線を渡ります。跨線橋からは富士山が見れます。
江ヶ崎跨線橋富士山

そこから矢向駅方向に進みますが、市境は駅の北側で、南部線を渡れないので、南側の矢向商店街の道を進み南武線を渡ります。北に向かい市境に戻ります。東方向に進み、南下して尻手駅に行きます。
尻手駅

尻手駅を過ぎると国道1号線(第二京浜)を渡り、南武線支線東海道本線京急本線と立て続けに渡ります。第二京浜(国道15号線)に突き当たったら、第二京浜の下側の道を行き、京町小学校まで行きます。

小学校横の道を南下京町緑地、日東緑地を進みます。
京町緑道
日東緑地

日東緑地を抜けると産業道路に出ますので、その道を浅田町交差点まで歩きます。この交差点を右折し、真っすぐ行くと白石橋に出ます。ここは、市境の入り江で、市境はこの入り江の真中を通ってます。この入り江は歩けませんので、川崎市寄りの道を進むことにします。

鶴見線武蔵白石駅の先を右折し白石町の道を進み、鶴見橋を渡ると、大川町の埋め立て地に出ます、鶴見線の大川駅があります。突き当りは私有地で、京浜運河までは行けませんが、ここを終点とします。
武蔵白石駅
大川駅

市境は、更に京浜運河を渡り扇島の真ん中を通ってますが、橋がなくて行けませんので、大川町京浜運河を終点とします。

« 日吉地区コース5 | トップページ | 川崎区の人工島めぐり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日吉地区コース5 | トップページ | 川崎区の人工島めぐり »

無料ブログはココログ