« 仄暗い水の底から(甘デジ)詳細分析 | トップページ | 2016年内規機の射幸性と適合確率 »

スロットの高設定を示唆で営業停止に

高設定のパチスロ機の設置を示唆するメールの配信や設備の掲示などを行ったとして、東京都内のパチスロ専門店に営業停止処分が科せらました。

東京都風営法施行条例第7条違反(とばくその他著しく射幸心をそそるような行為をし、またはさせないこと)、及び風営法第12条の構造及び設備の維持義務違反にあたるとされ、6月以下の営業停止処分とみなされました。

通常、広告宣伝に関する行政処分は指示処分とされるが、同店は今年1月と4月にも広告宣伝に関する指示処分を受けており、今回は行政側も厳しい姿勢で臨んだとのことです。

ぱちんこ関係の行政処分は下記3つのようです。
数字は平成23年~27年の処分件数です。

賞品の提供
34、22、17、9、17

指示処分違反
40、25、23、13、13

遊技料金等の規制
35、38、19、13、2

今回の件は、度重なる指示処分を無視して、営業を続けた指示処分違反にあたるものと思われます。

« 仄暗い水の底から(甘デジ)詳細分析 | トップページ | 2016年内規機の射幸性と適合確率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仄暗い水の底から(甘デジ)詳細分析 | トップページ | 2016年内規機の射幸性と適合確率 »

無料ブログはココログ