« きっかけはギャンブルの借金(北越トレイディング」の総務部長の25億円の着服) | トップページ | 鉄拳2 »

風営法4号営業

最近、風営法4号営業を検索キーとして、改正風営法成立(ぱちんこは4号営業に) 、に関する記事へのアクセスが急増してます。

本記事は昨年6月に、従来7号営業であったぱちんこが、風営法の対象となる営業項目が対象外となったための単なる番号付け替えで4号となったためであり、ぱちんこ営業に関して実質的にはなにも変化ないものと認識してます。

アクセス急増に関連しそうなものとしては、新条例に伴い芸能人招聘等の注意点を通知~札遊協 が考えられます。

内容としては、

6月23日から道風営法施行条例の一部が改正され、これまで規制されていたぱちんこの営業に関する、宣伝広告等の在り方などに関する組合の見解を各組合員に通知したとのことです。

具体的には、

・ライターイベントの制限

・整理券の配布や抽選等については、グランドオープンやリニューアル、新台入替え等の混雑が予想される日のみを想定。その他の場合は行政処分の対象。

・レディースコーナー、禁煙コーナー、シルバーコーナーの開設が可能となる。
但し、会員コーナーは認めない。

« きっかけはギャンブルの借金(北越トレイディング」の総務部長の25億円の着服) | トップページ | 鉄拳2 »

コメント

新台入れ替えの当日から毎日、一週間、客の多い、少ないに関係なく抽選券を配る事に関して違法性はないのか?

団塊おやじです。
ほとんど全てが違法です。ハンドル固定も違法です。固定用の厚紙を店においてたとて営業停止となった店もあります。どの程度までまでなら警察がお目こぼししてくれるか様子を見ながらの営業と思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きっかけはギャンブルの借金(北越トレイディング」の総務部長の25億円の着服) | トップページ | 鉄拳2 »

無料ブログはココログ