« 生活保護費でパチンコ制限した3市のその後 | トップページ | 風営法4号営業 »

きっかけはギャンブルの借金(北越トレイディング」の総務部長の25億円の着服)

羽染政次容疑者(60)は、北越紀州製紙の子会社「北越トレイディング」の総務部長だった2013年に会社の小切手を無断で使い、約6600万円を着服した疑いが持たれています。
その後の捜査関係者への取材で、着服のきっかけはパチンコや競馬などのギャンブルでつくった数十万円の借金返済だったことが分かりました。
その後は複数の愛人に数千万円のマンションを買い与えるなど、着服した総額は15年間で約25億円に上るとみられています。
羽染容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

多額の着服はパチンコ、ギャンブルに絡むものが多いですね。

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

« 生活保護費でパチンコ制限した3市のその後 | トップページ | 風営法4号営業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活保護費でパチンコ制限した3市のその後 | トップページ | 風営法4号営業 »

AMAZON通販

無料ブログはココログ