« 優先撤去高射幸性機に33機種が追加指定されました | トップページ | 美男ですね(ミドル)詳細分析 »

1月4日のパチンコ景品買取所で強盗事件は狂言

4日、茨城県ひたちなか市のパチンコ店の景品買取所から現金約580万円などが奪われた事件は、当時1人で買取所にいた従業員の藤咲正治容疑者が被害者を装い、知人の池田靖容疑者と共謀し盗んだことを認めたため、警察は6日、2人を窃盗の疑いで逮捕した。

1月4日午前0時10分頃、茨城県ひたちなか市田彦にあるパチンコ景品買取所で強盗事件が発生。男性従業員が刃物を持った男に襲われ、金庫の現金約580万円が奪われた。報道各社が報じた。

報道によると、男性従業員は交換所に入ろうとした際に後ろから襲われ、買取所内に押し込まれ、両手を電気コードで縛られたもよう。金庫内の現金が全て奪われた。

パチンコ店の従業員から売上金約150万円を盗んだとして、兵庫県警兵庫署は6日、窃盗容疑で、神戸市長田区菅原通、パート従業員、後藤久子容疑者(65)を逮捕した。容疑を認め、「過去に負けた分を取り返したかった」などと供述しているという。

逮捕容疑は昨年11月26日午後10時55分ごろ、神戸市兵庫区新開地のパチンコ店「A-TIME新開地店」で、売上金の回収作業をしていた男性従業員(39)のかばんから現金151万9千円を抜き取り、盗んだとしている。

同署によると、後藤容疑者は従業員の背後から近づき、かばんに手を入れ、輪ゴムで束ねた札束ひとつを盗んだ。従業員は盗まれたことに気づいていなかったが、店内の防犯カメラに犯行の様子が写っていたという。

以前、近所のパチンコ店で売上が盗まれた時、保険で実害はないと噂されてました。交換所も保険をかけているかも。こんなに強盗が多いと、保険料は高そうですね。でも、盗難対策にお金をかけるよりは安上がりかも。

« 優先撤去高射幸性機に33機種が追加指定されました | トップページ | 美男ですね(ミドル)詳細分析 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 優先撤去高射幸性機に33機種が追加指定されました | トップページ | 美男ですね(ミドル)詳細分析 »

AMAZON通販

無料ブログはココログ