« クイーンズブレイド2レイナ詳細分析 | トップページ | 餃子の王将3 »

実質マックス機ばかりの新内規対応機

今回のマックス機規制に関して、メーカーの組合である日本遊技機工業組合(日工組)は会見で、

「今までのMAXに比べればダウンするが、1/319でもある程度瞬発力のある機械は出てくる。その機械ばかりを提供していけば、今までと変わらない」とした上で、ミドル以下の射幸性を念頭に置いた多種多様な機械の提供を推進する必要性を強調した。

RAVE2、クイーンズブレイド2と新内規対応の機種が出始めました。

いずれも実質的な大当り確率はマックス機の射幸性を持つスペックです。
規制の趣旨である射幸性を抑えることを目的とした改正からは完全にかい離しており、このような機種ばかりを出してはマックス機を規制した意味はありません。
初回50%の継続率のV-STは即刻規制すべきです。

規制前の1/400のマックス機は実質大当たり確率(正規化大当り確率)1/500で、変動係数をそのままにして作れば1/320は実質1/400となります。

この荒さを生じているはヘソ、電チュー継続確率の差であり、差が大きいほど変動係数が大きくなり、実質確率が小さくなり射幸性の高いものとなります。

初回50%とか極端なものは0.5%の確変確率のV-ST機や一種二種混合機はヘソ、電チュー継続確率の大幅な違いを簡単に実現できます。

また、ヘソと電チューで通常当たり時の時短回数を極端に変えても(例えばヘソ無、電チュー100回)同様な効果となります。

スペック FPM
タイプ:ミドルV-ST
大当たり確率:1/319.7→1/122.7
賞球数:3&1&10&14
ラウンド数:6or16R/9or10C
確変:55%→100%(ST170回転)
電サポ:100or170回転
ヘソ 特図1
6R確変(電サポ170回転):55% 756個
6R通常(時短100回転):45% 756個
電チュー 特図2
16R確変(電サポ170回転):100% 2016個

分析結果サマリー
変動係数:1.092
4円等価ボーダ(削り無):16.9回転/千円
正規化大当り確率:1/335.4
(荒さの分類:ハイミドル級)

スペック D(レイナ)
タイプ:ミドルV-ST
大当たり確率:1/319.6→1/76.2
賞球数:3&1&10&12
ラウンド数:4or6or8or12or16R/10C
確変:50%→100%(ST120回転)
電サポ:100or120回転
ヘソ 特図1
12R確変(電サポ120回転):10%
8R確変(電サポ120回転):30%
6R確変(電サポ120回転):10%
6R通常(電サポ100回転):50%
電チュー 特図2
16R確変(電サポ120回転):70%
4R確変(電サポ120回転):30%

分析結果サマリー
変動係数:1.213
4円等価ボーダ(削り無):18.4回転/千円
正規化大当り確率:1/389.8
(荒さの分類:マックス級)

センゴク史上最も失敗し挽回した男

スペック SR4-KE2
タイプ:ライトミドルV-ST
大当たり確率:1/199.8→1/48.4
賞球数:2&13
ラウンド数:1~16R/10C
確変:0.5%→100%(ST100回転)
電サポ:100回転
ヘソ 特図1
3R確変(電サポ100回転):0.5%
7R通常(時短100回転):77%
1R通常(時短100回転):22.5%
電チュー 特図2
16R確変(電サポ100回転):10%
14R確変(電サポ100回転):0.5%
12R確変(電サポ100回転):2.5%
10R確変(電サポ100回転):2.5%
8R確変(電サポ100回転):7.5%
6R確変(電サポ100回転):10.5%
4R確変(電サポ100回転):66.5%

分析結果サマリー
変動係数:1.586
4円等価ボーダ(削り無):16.5回転/千円
正規化大当り確率:1/427.8
(荒さの分類:マックス級)

スペック MC
タイプ:ミドルV-ST
大当たり確率:1/249.2→1/79.9
賞球数:3&10&3&10/10C
Vラウンド;1R×10C×3個
確変:40%→100%(ST183回転)
電サポ:4回or100回転or183回転
ヘソ 特図1
16R確変(電サポ183回転):5%
9R確変(電サポ183回転):35%
9R通常(時短100回転):31%
9R通常(時短4回転):29%
電チュー 特図2
16R確変(電サポ183回転):10%
15R確変(電サポ183回転):10%
12R確変(電サポ183回転):4%
10R確変(電サポ183回転):10%
8R確変(電サポ183回転):21%
6R確変(電サポ183回転):11%
4R確変(電サポ183回転):24%
1R確変(電サポ183回転):10%

分析結果サマリー
変動係数:1.553
4円等価ボーダ(削り無):16.2回転/千円
正規化大当り確率:1/472.8
(荒さの分類:激辛マックス級)

日工組は5月18日、都内中央区の組合事務所で記者会見を開催し、依存・のめり込み対策として打ち出した申し合わせの内容、多種多様化を軸にした今後の開発方針、ECO遊技機などについて説明を行った。

冒頭で金沢理事長は「ファン人口の減少を補うために、我々メーカーは売上が上がる射幸性の高い機械を提供してきたが、それがファンのさらなる減少とのめり込み問題に関連してきたと反省している。

あまりにも遊技代金が掛かりすぎることが大きな問題」と申し合わせの決定に至った経緯を説明するとともに、「大当り確率1/399のMAXタイプが残ったなかで1/319の機種をファンに受け入れてもらうために、どのような面白さをプラスしていくのか。その課題を各メーカーが模索している。射幸性の高い機種を好むファンもいるのでメリットとデメリットがあるが、メリットのほう大きいと思っている」との認識を示した。

金沢理事長は「今までのMAXに比べればダウンするが、1/319でもある程度瞬発力のある機械は出てくる。その機械ばかりを提供していけば、今までと変わらない」とした上で、ミドル以下の射幸性を念頭に置いた多種多様な機械の提供を推進する必要性を強調。

« クイーンズブレイド2レイナ詳細分析 | トップページ | 餃子の王将3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クイーンズブレイド2レイナ詳細分析 | トップページ | 餃子の王将3 »

無料ブログはココログ