« 今度は“屋根”が飛んできた!(マルハン習志野店) | トップページ | 義風堂々兼続と慶次 »

中古パチンコ機の流通状況

中古パチンコ機の流通状況 最近新台を抑え中古機の導入で代替えしようとする傾向があるようですので、状況を調べてみました。

確認証紙(中古用)とは、中古遊技機を営業所へ設置した際に点検確認が適正に行われた証として貼り付けるもので、発給枚数から中古遊技機の流通量を推測することができます。

2016年

平成28年度 全商協確認証紙(中古用)発給状況[パチンコ]によれば、平成27年度 全商協 確認証紙(中古用)発給状況は下記となってます。

月        証紙件数 台数
H28.1月  48,890   84,117
H28.2月  49,640   82,270
H28.3月  60,006   98,066
H28.4月  38,655   65,728
H28.5月  44,680   73,917
H28.6月  50,690   81,042
H28.7月  53,259   83,670
H28.8月  45,419   74,414
H28.9月  51,308   82,740
H28.10月 46,319  75,796
H28.11月 55,846  93,219
H28.12月 60,622  103,101

合計 605,334枚、998,080台

即ち、年間約99.8万台の中古パチンコ機が流通したことになります。一方、2016年のパチンコ台の新台販売台数は161万6千台。

従って、新装入れ替えにおける中古台の割合は99.8/(161.6+99.8)=38.2%となります。 2015年の38.5%より割合が若干減りました。

2015年

平成27年度 全商協確認証紙(中古用)発給状況[パチンコ] によれば、平成27年度 全商協 確認証紙(中古用)発給状況は下記となってます。

月        証紙件数 台数
H27.4月  53,692   94,239
H27.5月  46,556   83,345
H27.6月  53,540   93,606
H27.7月  60,704  103,540
H27.8月  47,122   87,115
H27.9月  51,530   91,191
H27.10月 57,142  102,383
H27.11月 49,676   90,870
H27.12月 56,103  102,574
H28.1月  48,890   84,117
H28.2月  49,640   82,270
H28.3月  60,006   98,066

合計 634601件、1,113,183台

1月~12月の累計では、
合計 629,486件、1,123,178台

即ち、年間約112.3万台の中古パチンコ機が流通したことになります。この内の52%はチェーン店間でたらいまわしで、残り(53.9万台)が中古市場での流通です。

一方、2015年のパチンコ台の新台販売台数は197万2千台。
年度別パチンコ機販売台数ランキング

従って、新装入れ替えにおける中古台の割合は38.5%となります。 2014年の35.2%より更に割合が増えてます。

2014年 

平成26年度 全商協確認証紙(中古用)発給状況[パチンコ] によれば、平成26年度 全商協 確認証紙(中古用)発給状況は下記となってます。

月        証紙件数 台数
H26.4月  57,633  103,076
H26.5月  46,930   85,128
H26.6月  49,999   88,566
H26.7月  53,950   92,087
H26.8月  44,834   81,576
H26.9月  51,545   95,001
H26.10月 50,689   95,755
H26.11月 43,781   86,048
H26.12月 56,515  108,068
H27.1月  48,081   89,006
H27.2月  52,223   95,156
H27.3月  53,117   90,153

合計    609,297 1,109,620

即ち、年間約110万台の中古パチンコ機が流通したことになります。この内の49%はチェーン店間でたらいまわしで、残り(56.6万台)が中古市場での流通です。

一方、2014年度のパチンコ台の新台販売台数は204.5万台強。

新装入れ替えにおける中古台の割合は35.2%となります。

2013年

平成25年度 全商協確認証紙(中古用)発給状況[パチンコ] によれば、平成25年度 全商協 確認証紙(中古用)発給状況は下記となってます。

月 証紙件数 台数
H25.4月 54,680 99,939
H25.5月 48,983 92,863
H25.6月 49,431 86,937
H25.7月 51,665 93,297
H25.8月 45,412 78,769
H25.9月 45,206 83,973
H25.10月 50,339 89,665
H25.11月 45,321 81,391
H25.12月 54,252 98,143
H26.1月 53,931 98,273
H26.2月 48,714 87,465
H26.3月 49,913 88,010

合計 597,847 1,078,725

即ち、年間約108万台の中古パチンコ機が流通したことになります。 この内の55%はチェーン店間でたらいまわしで、残りが中古市場での流通です。

一方、2013年度のパチンコ台の新台販売台数は222万台強。 4月から3月と1月から12月のズレはあるものの、同じ期間として比較すると、

新装入れ替えにおける中古台の割合は32.7%となります。

2012年

平成24年度 全商協確認証紙(中古用)発給状況[パチンコ] によると、

平成24年度全商協確認証紙(中古用)発給状況は年間1,205,392台。

2012年度の新台販売台数250万台。

新装入れ替えにおける中古台の割合は32.5%となります。

« 今度は“屋根”が飛んできた!(マルハン習志野店) | トップページ | 義風堂々兼続と慶次 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度は“屋根”が飛んできた!(マルハン習志野店) | トップページ | 義風堂々兼続と慶次 »

無料ブログはココログ