« パチンコ年表 | トップページ | 2014年のパチンコ人口 »

レジャー白書2015の概要発表

レジャー白書2015の概要発表

日本生産性本部は7月13日、「レジャー白書2015」の概要発表会を開催した。

パチンコ参加人口は前の年から180万人増えた1150万人だった。

年間活動回数は前の年年の27.5回から4.7回減の22.8回だった。

市場規模は24兆5040億円で、前の年から5010億円、率にして2%下落した。ただし、日本生産性本部ではパチンコの市場規模について過去に遡って数値の見直しを行い、2013年数値も昨年発表した18兆8180億円から25兆0050億円に上方修正している。

どんな調査をしてこのような値がでているのか、わかりませんが、実態と相当かい離している感じがします。パチンコ人口1つ取っても、回りを見渡しても止める人は増える一方で、新しい人はほとんどいない。180万も増えたとはとても思えない。落ち目の情況を少しでも良く見せようと業界上げてデータ改ざんをしているとしか思えません。

売り上げ1つにしても2013年の18.8兆円を総務省が発表したからと言って25兆円ととんでもない数値に変更する。18.8兆円はどんな調査をして算出したのか。このな大幅な訂正を行うならば他のデータも全く信用できない。

売り上げにしても、経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」の方が調査の方法を明らかにしており信頼度があり、実情に近いものと感じられます。

この記事の値を昨年度までの値に追加すると下記のようになります。

尚、売り上げについては昨年12月の総務省統計局の調査により、過去にさかのぼって6兆円以上の修正を行っているそうです。この結果これまで1995年が最高売上であったものが、2005年が最高売り上げとなりました。

年,売上:貸玉料 (億円),参加人口 (万人),年間平均活動
1992年:26兆3370億円
1993年:27兆4440億円
1994年:30兆4780億円
1995年:30兆9050億円,2,900万人,23.7回
1996年:30兆0700億円,2,760万人,22.5回
1997年:28兆4160億円,2,310万人,23.3回
1998年:28兆0470億円,1,980万人,25.5回
1999年:28兆4690億円,1,860万人,24.6回
2000年:28兆8680億円,2,020万人,23.9回
2001年:29兆2430億円,1,930万人,25.6回
2002年:30兆4420億円,2,170万人,25.5回
2003年:32兆3900億円,1,740万人,26.8回
2004年:33兆9120億円,1,790万人,27.5回
2005年:34兆8620億円,1,710万人,23.6回
2006年:33兆6420億円,1,660万人,28.1回
2007年:30兆1770億円,1,450万人,25.6回
2008年:28兆8190億円,1,580万人,29.6回
2009年:28兆2420億円,1,720万人,20.4回
2010年:25兆9830億円,1,670万人,19.9回
2011年:25兆4890億円,1,260万人,27.8回
2012年:25兆6720億円,1,110万人,27.5回
2013年:24兆1000億円,  970万人,27.5回
2014年:25兆8014億円,1,150万人,22.8回

参考(行政のデータ)

総務省サービス産業動向調査平成25年拡大調査結果

パチンコホール
・年間売上高:27,045,529百万円
・事業従事者数:307,300

経産省特定サービス産業動態統計調査長期データ

パチンコ

平成25年度
売上高:4,665,569百万円
台数:624,657
調査事業所数:1,244

平成26年度
売上高:4,361,802百万円
台数:648,389
調査事業所数:1,266

警視庁風俗営業白書
店舗数・設置台数
平成25年度:11,893店 4,611,714台
平成26年度:11,627店 4,575,463台

« パチンコ年表 | トップページ | 2014年のパチンコ人口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パチンコ年表 | トップページ | 2014年のパチンコ人口 »

無料ブログはココログ