« 魁!!男塾 | トップページ | 改正風営法成立(ぱちんこは4号営業に) »

マルホン民事再生手続きその後

6/16 CRシャカンナー3号販売
前々から噂になっていました、マルホン工業の『CRシャカンナー3号』ですが、どうやら9月末納品で決定した模様ですね。

5/20 坂本冬美甘デジ再販開始

3/27 民事再生手続き開始決定のお知らせ

弊社は平成27年3月26日、名古屋地方裁判所から民事再生手続き開始決定を受けました。
民事再生手続きとは、事業を継続して公平性・透明性を確保し、会社自身で事業を再生させる手続きです。
従いまして、弊社は、今まで通り事業を継続し、商品の受注、出荷及びサポート業務等を行って参ります。

今後は、名古屋地方裁判所の監督のもと、社員一同、再建に向けて全力を尽くしてまいる所存ですので、何卒ご理解とご支援を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。

マルホン倒産か

以前より噂されていたパチンコ機メーカーマルホン工業の倒産が確実になったようです。

中堅メーカー「マルホン」ほぼ全社員解雇へ

3月12日、パチンコメーカーのマルホン工業株式会社が従業員137人のうちほぼすべての社員を解雇したことが分かった。

複数のマルホン社員に取材したところ、3月11日に本社の一部を除いた大半の社員に対し解雇が言い渡されたという。

同社は2 月15日にパチンコ「CRAファインプレー」と「CRパールセブンAS」を出荷しているが、その後の新機種は正式に発表していなかった。

新要件時代には「マルホンドット」としてファンから親しまれたデジパチや権利モノで多く のヒット機種があり、羽根モノファインプレーはシェアの大半を占めるほどの大ヒットに。

ただし現行規則になってからはシャカラッシュシリーズが健闘したものの大きなヒット作には恵まれておらず、販売台数が伸び悩んでいた。

マルホンは近日中に民事再生手続きに入るとみられている。

大型倒産

マルホン工業(株)(資本金1億円、春日井市桃山町1-127、代表和泉靖氏ほか2名、従業員165名)は、3月12日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請した。

全国に支社や営業所を設置し、商社経由を主体としながら直接販売分を含め全国約3000店のホールに納入し、2010年6月期には年売上高約243億7800万円を計上していた。

開発力に乏しく目立ったヒット作にも恵まれないなか、東日本大震災が発生して以降は売り上げが激減し、2014年6月期の年売上高は約60億円までダウン、3期連続の欠損計上となっていた。遊休資産の売却や一部の営業拠点を閉鎖しながら立て直しを図っていたが、一部取引先からの支援が受けられなくなったことから資金繰りのメドが立たなくなり自力再建を断念、民事再生法による再建を目指すこととなった。

負債は、2014年6月期末時点で約73億円だが膨らむ可能性もある。

マルホン工業 申請時の負債額が判明

マルホン工業株式会社(本社・愛知県春日井市)の民事再生法の申請時の負債額は約103億9447万円だったことが判明した。3月18日付け帝国データバンクが続報として報じている。

同社は3月12日に名古屋地裁に民事再生法の適用を申請。2014年6月期末時点の負債額は約73億円だった。

« 魁!!男塾 | トップページ | 改正風営法成立(ぱちんこは4号営業に) »

コメント

メジャーではないにしても、好きなメーカーのひとつだ。ドットの魔術師と呼ばれ、ファンキードクターとか雀士ウーロン牌とか数々の機種が面白くてのめりこんでいた。今思えば、時代を先取りした仕様だったかも知れない。それだけに、リメーク版を期待していたのにすごく残念。ただ、民事再生との事なので、必ず復活するものと信じている。

時代にそぐわない。致命的に資金力、開発力がない。そんな中新台を出しても他メーカーの劣化コピーと言わざるをえない。
ライトユーザーの目を引くようなド派手なギミックやヘビーユーザーがかじりつく良いスペックが出せるでもなく淘汰されていくのは仕方がない。
正直民事再生して首の皮一枚で繋がったところで今までと同じような台を作り売りしていては負債は膨らむばかりと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魁!!男塾 | トップページ | 改正風営法成立(ぱちんこは4号営業に) »

無料ブログはココログ