« あしたのジョー | トップページ | ルパン三世8 I'm a SuperHero »

外れ馬券の購入費 経費と認めない判決

5/14 外れ馬券の購入費 経費と認めない判決

競馬の馬券の大量購入を繰り返した男性が、払い戻し金にかかる税金を計算する際に、外れ馬券の購入費を必要経費と認めるよう求めた裁判の判決で、東京地方裁判所は「レース結果を個別に予想した買い方は一般の競馬愛好家と同じで、網羅的に購入するなど経費として認められる経済活動とは言えない」として訴えを退けました。

この裁判は競馬の馬券を6年間に73億円近く購入し、通算で78億円余りの払い戻し金を得た北海道の公務員の男性が、差額の5億円余りについて税務申告したところ、国税局から「外れ馬券の購入費は経費として認められない」と指摘され追徴課税されたため、処分の取り消しを求めたものです。

競馬の払い戻し金の課税方法を巡っては、最高裁判所がことし3月、同じような裁判で「馬券を網羅的に購入するなど経済活動といえる場合は、外れ馬券の購入費も必要経費と認めるべきだ」とする判断を示していて、今回の男性も外れ馬券の経費算入を認めるよう主張していました。

14日の判決で東京地方裁判所の増田稔裁判長は「男性は週末ごとに数百万円から数千万円の馬券を購入するなど費用は多額に上っているが、レース結果を個別に予想して金額を決める買い方は一般の競馬愛好家と変わりなく、網羅的に馬券を買うような経済活動とは言えない」と判断して、最高裁が経費算入を認めたケースには当たらないとして男性の訴えを退けました。

関連記事

外れ馬券も経費

以前パチンコ税の話がありましたが、パチンコをギャンブルとして認めた場合、この判決では投資金額は必要経費として認められないようです。

10月からのマンナンバー導入も収入の把握以外に、病歴の管理への拡張などが今国会で審議予定となってますが、今後、マイナンバーの改正次第ではこの種のギャンブル収入をしっかり把握され、莫大な税金を取られることも考えられます。マイナンバーを示さないと換金不可とすれば簡単に実現できます。

« あしたのジョー | トップページ | ルパン三世8 I'm a SuperHero »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あしたのジョー | トップページ | ルパン三世8 I'm a SuperHero »

無料ブログはココログ