« 韓国カジノでホームレス急増 | トップページ | ダイナムの決算報告 »

遊技機性能調査をクリヤするための営業形態

還元率を変えずに、換金率を下げることで検査時の釘調整で営業する場合について換金率を計算します。

どのスペックでも同じですが、具体的数値がある方が理解しやすいので、牙狼金色になれを例に計算します。

出玉有当たり継続回数:3.20回
実質出玉有継続確率:68.7%
削り無獲得出玉総差玉:6,246玉
変動係数:1.095
4円等価ボーダ(削り無):16.0回転/千円
(17.0:削り5%,確変ベース0.90)

ポーターライン
貯玉手数料無(単位:回転/千円)
千円玉数:貸232、貸240、貸250
・換232玉: 14.8 
・換240玉: 15.0、 15.4 
・換250玉: 15.2、 15.6、 16.0 
・換270玉: 15.7、 16.0、 16.5 
・換300玉: 16.3、 16.6、 17.1 
・換332玉: 16.8、 17.3、 17.7 
・換400玉: 17.9、 18.4、 18.9 

内税等価のポーターを検査時の釘での回転率とすれば、

還元率0.9での回転率=16.0/0.9=17.8。これは、外税2.52円交換で検査時の回転率での営業に相当します。

還元率0.85での回転率=16.0/0.85=18.8。これは、外税2.38円交換で検査時の回転率での営業に相当します。

還元率0.8での回転率=16.0/0.85=20.0。これは、外税2.24円交換で検査時の回転率での営業に相当します。

還元率0.75での回転率=16.0/0.75=21.3。これは、外税2.10円交換で検査時の回転率での営業に相当します。

« 韓国カジノでホームレス急増 | トップページ | ダイナムの決算報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国カジノでホームレス急増 | トップページ | ダイナムの決算報告 »

無料ブログはココログ