« クリスタル&ドラゴン(甘デジ)詳細分析 | トップページ | ワシズ閻魔の闘牌 »

人気漫画をパチンコ台にで2億円超を詐取

大一「ライセンス詐欺事件」容疑者逮捕に関する弊社の見解

「人気漫画をパチンコ台に」2億円超を詐取か

「人気漫画のキャラクターをパチンコ台に使用できる」などと嘘を言い、2億円以上をだまし取ったなどとして、男3人が逮捕されました。

高津祥一郎容疑者(47)ら3人は2010年、愛知県のパチンコメーカーに「漫画のキャラクターをパチンコ台に使える」などと嘘の話を持ち掛け、2億1000万円をだまし取ったなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、3人は漫画の原作者の同意書を偽造し、メーカーを信用させていましたが、疑われ始めると原作者に扮した男をメーカーに出向かせ、「監修作業が遅れている」などと弁解させていたということです。3人は容疑を否認しています。警視庁は、合わせて4つの会社から15億円近くをだまし取ったとみて調べています。

人気漫画「金色のガッシュ!!」ライセンス料名目で2億1千万円詐欺 容疑の経営者ら3人逮捕、警視庁

人気漫画「金(こん)色(じき)のガッシュ!!」のライセンス料名目で現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は8日、詐欺容疑で埼玉県ふじみ野市、キャラクターライセンス企画販売会社元会長、高津祥一郎容疑者(47)ら3人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を否認している。

逮捕容疑は平成22年2月、同作品をパチンコ機のデザインに使う許可証を作者から得たと偽り、愛知県北名古屋市のパチンコ製造会社からライセンス料名目で現金計2億1千万円をだまし取ったとしている。

製造会社が作者の訴訟関連書類を閲覧し、許可証の署名が偽造と発覚。高津容疑者らは作者になりすました別人を派遣して釈明させたが、製造会社が作者本人に確認して嘘が判明した。

同課は、高津容疑者らが同様の手口で人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」や「スラムダンク」などのライセンス料名目で、別のパチンコ製造会社などからほかに計約13億円をだまし取っていたとみて調べている。

参考

名古屋メーカー
愛知県名古屋市またはその近郊に本社があるパチンコメーカー。
奥村遊機、京楽産業、銀座、サンセイR&D、 三洋物産、大一商会、タイヨーエレック、高尾、竹屋、 豊丸産業、ニューギン、まさむら遊機、マルホン工業(再建中)。藤商事も名古屋メーカーに含む場合もある(本社は大阪だが開発&工場が愛知県一宮市にある)。

株式会社大一商会. 創業, 1952年3月1日. 設立, 1968年3月8日. 本社, 愛知県北名古屋市沖村西ノ川1番地。

京楽が「CRジョジョの奇妙な冒険」を開発中との噂。

パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)

« クリスタル&ドラゴン(甘デジ)詳細分析 | トップページ | ワシズ閻魔の闘牌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスタル&ドラゴン(甘デジ)詳細分析 | トップページ | ワシズ閻魔の闘牌 »

無料ブログはココログ