« ぱちんこよしもとタウン | トップページ | 野菜の王国サニーとルナの大収穫祭 »

ライター放置してパチンコに出かけた母親を在宅起訴

2児死亡火災 ライター放置の母在宅起訴

3年前、北海道旭川市の住宅が焼け幼い兄弟2人が死亡した火事で、旭川地方検察庁は部屋にライターなどを放置して外出していた34歳の母親を重過失致死などの罪で在宅のまま起訴しました。

起訴状などによりますと、松岡被告は平成23年の大みそか、当時、住んでいた旭川市内の住宅の部屋にライターなどが散乱していたにもかかわらず、長男の義士くん(当時4)と次男の零士くん(当時2)を残して、パチンコに出かけて火遊びによる火事を招き、2人を死亡させたとして重過失致死と重過失失火の罪に問われています。

火事の数週間前にも兄弟が火遊びをしていたのに対策を取らずに外出したのは重大な過失に当たるとして、27日、在宅のまま起訴しました。

« ぱちんこよしもとタウン | トップページ | 野菜の王国サニーとルナの大収穫祭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぱちんこよしもとタウン | トップページ | 野菜の王国サニーとルナの大収穫祭 »

無料ブログはココログ