« 確率計算6.2 ボーダーライン計算 | トップページ | 確率計算6.4 低貸し営業時のボーダーライン »

確率計算2.5 小当たりを含む総当たり連チャン回数確率分布

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。
PC版表示で、縦にスマホを使用時に文字を拡大表示にしていると、1行の文章が折り返され見づらい場合あります。ブラウザのテキストの拡大縮小を100%程度に設定すれば1行に表示されます。

パチンコ関係記事トップ
確率計算記事一覧
確率計算 分析結果の解説
パチンコ用語集

【広告】

小当たりを含む総当たり連チャン回数確率分布は小当たりをカウントするカウンタの表示を分析するのに便利です。

2.5.1 小当たりを含む総当たり連チャン回数確率分布

小当たり割合=小当たり確率/(小当たり確率+大当たり確率)

確率計算2.3の総大当り連チャン継続確率T(i)を使用して、小当たりを含む総大当り連チャン継続確率T'(i)を定義します。

T'(0)=0
T'(1)=T(1)*(1-小当たり割合)+小当たり割合
T'(i)=T(i)*(1-小当たり割合)

この分布式で計算すると、

総継続回数=総大当りの継続回数*(1-小当たり割合)+小当たり割合

実質継続確率=1-1/総継続回数

2.5.2 小当たりを含む総当たり連チャン回数確率分布の代表指標

総大当り連チャン回数分布の全ての代表指標は0.4.2 確率分布の代表指標計算で求めることができます。

« 確率計算6.2 ボーダーライン計算 | トップページ | 確率計算6.4 低貸し営業時のボーダーライン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確率計算6.2 ボーダーライン計算 | トップページ | 確率計算6.4 低貸し営業時のボーダーライン »

無料ブログはココログ