« ぱちんこの色々な格差 | トップページ | 機種情報目次 ひ »

2012年のデータ分析

関連記事
2011年のデータ分析
 2010年のデータ分析
 2009年のデータ分析
 2008年のデータ分析

年度別のデータについて数量化Ⅰ類を使って分析しておきまた。4年間分のデータと比較してあります。

データの分類は以下の通りです。


1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日
祝祭日

日にち
上上旬(1-5日)
上下旬(6-10日)
中上旬(11-15日)
中下旬(16-20日)
下上旬(21-25日)
下下旬(26-31日)

新装の状況
通常日
新装初日
新装2~4日
新装5~7日

機種別の状況
主としてMAX機
主としてミドル機
主としてライト機
主として甘デジ

計算ソフトは群馬大学の青木先生のものを使用させて頂きました。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BlackBox/BlackBox.html

以下に計算結果を示しておきます。P値はデータの精度と思って下さい。0.05以上だと使い物にならない値と考えていいです。

今年は、非常に厳しい年でした。そのせいか店の方も出す日や機種にめりはりをなくして全体的に占めるような方向で営業していたような感じです。

地震の影響で、従来と様相がかなりことなってます。但し、個人1人のデータでサンプル数が少ないので、年ごとのバラツキはあります。

それぞれ左から右に2012年,2011年,2010年,2009年の順に示してあります。

月別の値   
月 , 2012年, 2011年, 2010年, 2009年,
1月, 802, -1,287, 3,046, 15,253,
2月, 775, -114, -5,389, -15,027,
3月, 5,230, -2,865, 10,426, -10,923,
4月, -5,178, 7,283, -3,754, -2,673,
5月, 322, -6,654, -5,225, -9,512,
6月, -1,506, 4,455, -14,464, -3,060,
7月, 1,197, -3,142, 5,020, 10,254,
8月, 878, -1,200, -7,843, -1,187,
9月, 832, -1,465, -3,988, 6,968,
10月, -13,089, 8,445, 1,138, -6,696,
11月, 2,424, -2,518, -1,343, -5,265,
12月, -3,300, -2,120, 8,701, 17,387,
P値, 0.036, 0.00067, 0.0003, 0,
レンジ, 18,319, 5,098, 24,890, 32,414,

日にち別の値   
日にち, 2012年, 2011年, 2010年, 2009年,
月上上旬, 68, 992, 694, 2,795,
月上下旬, -2,194, 2,280, 612,8, 525,
月中上旬, 4,593, 3,550, -4,059, -3,535,
月中下旬, -1,989, -1,728, 962, -2,900,
月下上旬, 3,793, -4,506, 3,276, -3,332,
月下下旬, -4,968, -613, -838, -1,992,
P値, 0.03005, 0.03582, 0.22688, 0.02408,
レンジ, 9,561, 8,056, 7,335, 12,060 ,

曜日別の値   
曜日, 2012年, 2011年, 2010年, 2009年,
月曜日, 3,794, -5,944, -578, -10,797,
火曜日, 1,558, 278, 10,686, -2,831,
水曜日, 4,923, 8,992, 8,814, -482,
木曜日, -4,294 , 1,299, -929, -3,697,
金曜日, 564, -2,040, -6,201, 8,282,
土曜日, -565, -3,608, -2,321, 7,174,
日曜日, -7,921, -3,013, -7,156, 6,636,
祝祭日, -1,824, 7,748, -9,460, -10,948,
P値, 0.01503, 0.00034, 0.00034, 0.00364,
レンジ, 12,844, 14,937, 20,146, 19,229,

新装の状況   
新装, 2012年, 2011年, 2010年, 2009年,
通常日, -823, 2,525, -2,929, -3,366,
新装初日, 1,013, 6,350, -3,161, 11,831,
新2~4日, 4,100, -6,483, 112, 4,909,
新5~7日, -2,692, -5,987, 8,377, -7,320,
P値, 0.19367, 0.00123, 0.02715, 0.01313,
レンジ, 6,792, 12,833, 11,538, 19,151,

機種の状況   
機種, 2012年, 2011年,
ミドル, 2,277, -8,339,
MAX, -24,517, 8,291,
ライト, 4,670, -2,841,
甘, 1,715, -3,377,
P値, 0, 0,
レンジ, 29,187, 16,629,

定数項の値   
定数項, 2012年, 2011年, 2010年, 2009年,
定数項, -2,758, 4,922, 1,381, 5,842,

それぞれの項目の和に定数項を足したものが、その日の期待収支です。

レンジは各項目の最大値-最小値です。この値が大きいということは、その項目が勝ち負けの主要要因ということです。
2012のレンジは各項目とも2011年と同じようで、広告規制の前の年の半分以下となってます。従って、メリハリを持った出し方をしてないということが更に進んでます。

また、前年度以前には見られなかったP値が0.05以上のものが散見され、これらのパラメータが勝敗を左右する要素ではなくなってきているといえます。

新装も通常と変わらない、月ごとのメリハリもない、出す日もなく常に回収といった状況に完全になっていることをデータが示してます。

« ぱちんこの色々な格差 | トップページ | 機種情報目次 ひ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぱちんこの色々な格差 | トップページ | 機種情報目次 ひ »

無料ブログはココログ