« 立ち回り1.6 パチンコ脳 | トップページ | ブラックラグーン »

パチンコして脳に起こる変化・脳破壊

パチンコで脳に起こる変化パチンコ依存症は精神科の分野ですが、精神と言っても実際には肉体、特に脳では物理的な変化が起きています。

脳内で肉体を制御している代表的な神経伝達物質として、行動を活性化させるドーパミン、行動の維持に必要なノルアドレナリン、行動を抑制するためのセロトニンがあります。

あるパチンコをする実験では健常者と比較して、依存者の脳内ではドーパミン、ノルアドレナリンが過剰な活動をしており、逆にセロトニンの機能低下が観測されました。

尚、自分の知っているプアな知識では、ドーパミンが不足すると、パーキンソン病、セトロニンが不足すると鬱秒だったと思います。

つまり、依存者はパチンコで必要以上の過度な興奮をし、持続性も非常に高く、ブレーキが利かなくなっている状態だと判断できます。

また、脳内の中にエンドルフィン類という物質があります。これはモルヒネと同じような働きをする物質で、「脳内麻薬様物質」とも呼ばれています。

エンドルフィン類の中でもβ-エンドルフィンは、好きなことをすると分泌され、体をリラックスさせ、心を落ち着かせる感覚を与えます。一方、無くなるとイライラし、体がβ-エンドルフィンを欲するようになります。

パチンコも好きなことであるので、好きなことをすればβ-エンドルフィンの増加します。パチンコに打ち込めば打ち込むほど、β-エンドルフィンが増え続け、得られる快感も大きくなっていきます。

やらなければ、β-エンドルフィンを欲します。一定のラインを超えるまで、β-エンドルフィンを欲する状態は持続します。

β-エンドルフィンの分泌と同時に、脳の興奮を沈静するためにコルチゾールという抑制物質も分泌されますが、パチンコで強い刺激を与え続けると脳の興奮、大量のコルチゾールによって一気に沈静化します。

しかし、逆に脳には快感を得たいという記憶が残っているために、欲求が生まれ、衝動が抑えられなくなるのです。

パチンコのようなギャンブルは急激な興奮状態を得ることから、抜粋された記憶が残りやすく、中毒性が高くなり、抜け出すことが比較的に手間がかかるとされています。麻薬と同じ感覚に陥るとも言えるでしょう。

パチンコ依存症は病気なのですが、表面上は身体的異常が見受けられないために、自覚するまで時間がかかります。

パチンコは脳を確実に破壊します。http://subject.jp/thr_res/ctgid=126/acode=1/bi
d=246/tid=1391535/tp=1/

ギャンブル依存は一番厄介だそうです。なぜかというと体に異変が起きないからだそうです。タバコの害はあるけれど、倒れたり熱がでたりの症状がないからだそうです。

アルコール、薬物依存を絶つ人の大半は体に異変が起きて脳が目覚め辞めるって反応が起こるそうですが、
ギャンブル依存は、体に異変が起きない代わりに前頭葉が発達しなくなり、夢、希望を考える能力はなくなるそうです。
例え1年2年辞めたところで1度でも手をつけると脳反応を起こし同じ事を繰り返し、脳が縮小されていくみたいです。
負けてる状態が一番ドーパミンが出てるみたいです。
だから負けてる人が多いのにまた足を運んでしまう。負けるのが逆に気持ちいいって。

従兄のお坊さんが、人間は愛と希望があれば生きていける、これを無くしたら生きてゆけないと常々言ってました。

« 立ち回り1.6 パチンコ脳 | トップページ | ブラックラグーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立ち回り1.6 パチンコ脳 | トップページ | ブラックラグーン »

無料ブログはココログ