« パチンコ依存症 | トップページ | 確率計算7.4 勝率の計算 »

確率計算6.1 持ち玉比率・平均玉単金

当ブログをスマホ・携帯で利用時には、ブラウザをPC版表示にして利用下さい。スマホ版表示では動作の一部が正しく実行されない場合があります。

パチンコ関係記事トップ
確率計算記事一覧
確率計算 分析結果の解説
パチンコ用語集

売れ筋(スマホ;雑貨;食品飲料)
タイムセール;お買い得;在庫処分
パチンコ本ベストセラー

等価で無い場合、獲得した玉を打ち込み用の玉として使用すれば、打ち込み玉の実質的なコストを減らすことができ、収支の改善が図れます。

6.1.1 持玉遊戯比率

(1)獲得玉で回せる割合
大当たり確率Pt、回転率X(回/250個)、250個時の等価のボーダーラインをBL、一回の連チャンでの総獲得差玉をDとすれば、
D個の出玉で当たる確率Pは、
P=1-(1-Pt)^(D*X/250)=1-(1-Pt)^(D*Pt*X/250/Pt)≒1-exp(-X/BL)

(2)持玉遊戯比率
持玉遊戯比率は1回の遊戯で持玉を打ち込み玉として使える割合です。
総回転数をNとすれば、平均初当たり回数はN*Pt、この内の1回は最初の当たりで持ち玉遊戯の対象外です。
持玉遊戯割合=初当たり回数/(1+初当たり回数)*獲得玉で回せる割合=N*Pt/(1+N*Pt)*(1-exp(-X/BL))

6.1.2 平均玉単価

獲得した玉を打ち込み用の玉として使用すれば、打ち込み玉は玉1個が4円でなく、それより安い換金額(3円など)で遊戯でき、実質的なコストを減らすことができます。

一回の遊戯で、持ち玉がある限りは打ち込み玉として持ち玉を使用した時の打ち込み玉の平均玉単価は下記のようになります。

平均玉単価=4*(1-持玉遊戯割合)+換金額*持玉遊戯割合=4-(4-換金額)*持玉遊戯割合=4-(4-換金額)*N*Pt/(1+N*Pt)*(1-exp(-X/BL))

« パチンコ依存症 | トップページ | 確率計算7.4 勝率の計算 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確率計算6.1 持ち玉比率・平均玉単金:

« パチンコ依存症 | トップページ | 確率計算7.4 勝率の計算 »

無料ブログはココログ