無料ブログはココログ

« 立ち回り3.1 業界を理解する | トップページ | 【軽・甘】花の慶次愛 »

北斗の拳~百烈(ケンシロウ)

北斗の拳関係書籍・DVD・グッズ

PV

北斗の拳総覧

スペックLSTC
大当たり確率 1/307.7 → 1/30.8
賞球数 3&10&15 2or6or16R/9C
確変 100%(ST32回+4回)
振り分け ヘソ(電チュー)
・16R確変(時短100回):18.7%(56%)
・16R確変(時短68回):18.7%
・16R確変(時短36回):18.6%
・6R確変(時短100回):0%(19.5%)
・6R確変(時短68回):0%(6%)
・6R確変(時短36回):0%(6%)
・6R確変(時短0回):31.5%
・2R確変(時短100回):0%(12.5%)
・2R確変(時短0回):12.5%

確率計算結果

出玉有当たり回数の分布の各種指標 
ヘソ抽選の平均割合=38.79%
電チュー抽選の平均割合=61.21%
出玉無の確率=14.65%
出玉有換算大当たり確率=1/360.5 
平均継続回数=2.55回
実質出玉有当たり継続確率=60.77%
ST引き戻し確率: 69.52%
出玉無当たり平均回数=1.35回
確変潜伏の平均回数=0.51回
時短引き戻しの平均回数=0.24回
標準偏差=3.08回
標準偏差平均値比=1.207 
10連チャン以上の確率=4.34%
20連チャン以上の確率=0.22%
 
出玉の計算 
 
前提条件 
アタッカーベース:0.850
確変ベース:0.900
 
ラウンド数分布指標 
ヘソ平均ラウンド数:16.00
電チュー平均ラウンド数:12.40
トータル平均ラウンド数:13.80
トータル標準偏差:3.19
 
一回の連チャンでの総出玉の分布 
平均総出玉:4,035個
電サポ消化の出玉の増減:-10個
潜伏による出玉の増減:-220個
一回の連チャンでの総獲得出玉:3,806個
総獲得出玉分布の標準偏差:4,999個
標準偏差平均値比:1.239 
一回の当たりの平均獲得出玉:1,493個
一回の当たりの獲得出玉の標準偏差:1,104  個
標準偏差平均値比:0.739 
 
ボーダーライン
等価のボーダライン:20.2回/千円
3.5円交換:21.8回/千円
3.0円交換:23.7回/千円
2.5円交換:26.0回/千円
2.3円交換:27.0回/千円
 
獲得出玉の収束回転数 
90%収束回転数:290,706回
99%収束回転数:13,785,870回

判別情報

朝一ランプ
恐らく、右3×2個のランプの真ん中下のランプ。

ラウンド数判定
ラウンド数表示ランプ
2:2R、
6:6R、
16:16R

潜伏判定
救世主モード突入時、盤面左下のラウンド数表示セグに2か6が表示されれば潜伏確変(36回転まで)。
表示がない場合は小当り。
表示がない場合は小当り。
トータルモード移行確率: 1/185.8
潜伏/(潜伏+小当たり):26.6%

セグ情報

16R、6R確変については、同一ラウンドでドット有無で対で使用されているようです。
時短回数まで同じかどうかは不明です。
尚、時短回数の特定が難しい状況です。
運悪くST抜けされた方、コメントお願いします。

セグの番号
1:左上、2:左下
3:中上、4:中中、5:中下、
6:右上、7:右下
8:ドット

2R出玉無確変
ヘソ時短0回、電チュー時短100回
27,37,58,67

小当たり
234568,1234568

16R確変
()はヘソ時短回数、電チュー時短100回
123467(),17(68),23456(68),2346(68),23468(100),
2356(),2357(),23578(36),2457(36),24578(36),
26(36),34(36),348()

6R確変
()は電チュー時短回数、ヘソ出玉無時短0回
13456(36),134568(100),137(),14578(100),234(68),
2348(36),23467(36),2347(100),23478(36),245(100),
2458(),3458(68),36()

判定表

« 立ち回り3.1 業界を理解する | トップページ | 【軽・甘】花の慶次愛 »

コメント

北斗の拳百烈救世主モード移行時6の表示でも抜けました。話しを聞くとどこの店も出してない見たいです。回収台見たいですね!

ヘソ 23456 はST36+時短32回の計68回転まで電サポがありました。
セグ表と異なるようですのでご確認を宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立ち回り3.1 業界を理解する | トップページ | 【軽・甘】花の慶次愛 »