« ミニスカポリス2 | トップページ | 立ち回り4.2 バイオリズムとパチンコ »

ヴァンヘルシングハンティングラッシュ

セグ表・判定表
Vanhealthing

PV

機種情報

パチスロのARTを意識したPART(パチンコアタックラッシュタイム)システム。

ゲームの流れ

1.通常モードで砂時計を獲得して時計を進める。

2.24時に到達するドラキュラバトル
(発生率は約1/200、勝率は約1/3)
勝てばハンテングラッシュ突入で3.へ。
負ければ1.へ。

3.右打ち継続ゾーン「ハンティングラッシュ」突入
(10回の大当りが発生、ボス撃破で14R、ザコ遭遇で2R)
終了後ドラキュラの間突入で4.へ。

4.引き戻しゾーン「ドラキュラの間」突入
(約1/25で引き戻し、ドラキュラ撃破でハンティングラッシュ復活。
チャンスは9~100回転の電サポ中)
勝てばハンテングラッシュ突入で3.へ。
終了後はドラキュラバトルリベンジ5.へ。

5.引き戻しゾーン「ドラキュラバトルリベンジ」
(約1/25で引き戻し、勝率は約1/3)
勝てばハンテングラッシュ突入で3.へ。
負ければ通常状態1.へ。

スペックFPVZ
大当たり確率 1/24.73→1/24.72 
賞球数 3&10&15 2or14R/7or8C 
確変 100%(10回リミッター)
振り分け
電サポ非作動時
2R(出玉無):96.7%
14R(ハンティングラッシュ突入):1.1%
14R(ハンティングラッシュ非突入):2.2%
電サポ作動時(ハンティングラッシュ中)
2R:95%
14R:5%
ハンティングラッシュ突入率 約1/3 
ハンティングラッシュ継続率 約67%
平均出玉
2R右アタッカー:約200個
14R下アタッカー:約1300個
14R右アタッカー:約1500個 
時短 9~100回(16種類、平均約18回)

確率計算結果

ハンティングラッシュを確変と定義し、10回セットを1回の当たりとカウントし、15個8C換算で、振り分けを下記とします。
ヘソ2.7R通常67%、14.7R確変33%
電チュー26R通常33%、26R確変67%   

出玉有当たり回数の分布の各種指標 
ヘソ抽選の平均割合=51.73%
電チュー抽選の平均割合=48.27%
平均継続回数=1.90回
実質出玉有当たり継続確率=47.32%

一回の連チャンでの総獲得出玉:3,063個

等価のボーダライン:20.3回/千円

スペックFPQ
大当たり確率 1/99.9→1/10.0 
賞球数 3&10&8&9 2or14R/7C
ハンティングラッシュ突入率:約33.3%
ハンティングラッシュ継続率:約56%

確率計算結果

ハンティングラッシュを確変と定義し、10回セットを1回の当たりとカウントし、9個7C換算で、振り分けを下記とします。
ヘソ2.7R通常67%、14.7R確変33%
電チュー26R通常44%、26R確変56%   

出玉有当たり回数の分布の各種指標 
ヘソ抽選の平均割合=57.14%
電チュー抽選の平均割合=42.86%
平均継続回数=1.75回
実質出玉有当たり継続確率=42.86%

一回の連チャンでの総獲得出玉:1,400個

等価のボーダライン:17.8回/千円

判別情報

朝一ランプ
右7セグのドット点灯で潜伏確変。
消灯の通常の方が狙い目。

潜伏判定
運命の砂時計によって時計が進んだ場合、2Rランプ点灯で2R確変確定。

効率的な打ち方
通常状態のドラキュラバトルからハンティングラッシュに突入するため、通常状態に移行させることが必要である。
その条件は確変10回のリミット到達なので2R当たりをカウントしてリミット到達を予測する。
尚、朝イチ消灯は内部通常状態。ただし、点灯していても大当たりを引けば必ず消灯状態となる。
連チャン消化に時間がかかるため、閉店間際に打つことは危険。

近所の店の状況
今週初めに入りました。
朝一は消灯してます。
結構爆発してますが、連ちゃん即止めの人ばかりです。
5台入ってますが2台程度常に空いてます。

« ミニスカポリス2 | トップページ | 立ち回り4.2 バイオリズムとパチンコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミニスカポリス2 | トップページ | 立ち回り4.2 バイオリズムとパチンコ »

無料ブログはココログ