« 立ち回り1.5 立ち回りの基本は標準偏差分析 | トップページ | 立ち回り2.2 正規化大当り確率、機種の荒さ、射幸性と収束 »

立ち回り1.3 波とオカルト

1.3.1 だます心、だまされる心

安斎育郎さんという立命館大学の先生が、オカルト批判の著書を多数かかれます。NHK人間講座「だます心 だまされる心」を担当された方です。この人の講演を聞いたこともあります。「だます心」で検索すればたくさん出てきます。

楽して儲けようとする気持ちが、騙される心の本質だそうです。そのような心理をついて詐欺に引っ掛かります。店も金を吸い上げます。メーカーもそのような錯覚をおこす機械を出してきます。

苦労してでも科学的な分析に基づいた正しい立ち回りを身につけることを推奨します。

一例として、負ける人は、情報に振り回されすぎという点にあると思われます。

インチキ攻略法とか、オカルトとか情報が氾濫してますが、あれこれやるよりも、まずはしっかりと土台となるものを築き上げることが大事です。

1.3.2 波とは

波とは確率における想定範囲内の誤差です。即ち、確率分布に従ったムラ、バラツキです。蛇足になりますが、この想定範囲内に入らない波が発生した場合は、その元となっているだろう確率が真の確率ではないということです。

全く波のない確率というものを想定することの方が、よほど難しいと思います。パチンコはお金がかかっているため、ちょっとでも不運や幸運だと思われることが誇張され、あたかも事実であるかのように跋扈することがありますが、冷静に考えてみればおかしなことである場合がほとんどです。

パチンコには大当たり時の抽選、確変の抽選、ランウンド数の抽選、などの乱数での抽選があり、それらが重ねあって最終的に収支の分布となります。

従って、大当たりまでの回転数、連チャン回数、獲得出玉にムラが生じます。これが波です。

1.3.3 ヒキと波

一般に「ヒキが強かった」と言うときは、確率以上に出て、運が良かった状態の事です。

「波」というのは、結果論でしかありません。確率を上回って当ったから「波が良かった」、確率より下回った当たりしかなかったから「波が悪かった」でしかありません。

そして、波=打った人のヒキです。台自体に波というモノが存在するのではなく、打った人の運、不運が結果として「波」という形で出ます。但し、人の運、不運(ヒキ)ってのは今の科学や数学では予測できません。あるいは、そもそも絶対予測できないものかも知れません。

1.3.4 オカルト

オカルトとは、「何の根拠もない自己の経験を元にした攻略法のこと」で、二流以下の雑誌やおじちゃんおばちゃんが楽しそうに話しているアレです。

500回転以上ハマッた台は1000までハマるだとか、どこどこの機種は300回転で当たりやすいだの。意図的に仕込んだ抽選の仕組みが検定を逃れて通過したり、バグでもない限り、全て単なるデマカセです。

オカルトが通用する可能性はほぼありえません。もちろん、オカルトそのものは面白いものですが、それを元にした立ち回りというものは、全く根拠の無いものだと言わざるをえません。

そして、オカルトの最高峰が波理論です。一歩間違うと、一流雑誌でも見かける波理論ですが、これこそがオカルトの最たるものです。

完全確率をもとにした確率過程はベルヌーイの過程といいますが、前回の試行から一切の影響を受けません。即ち、メモリーレス性が確率論で証明されてます。これまでにどんなに出ていても出ていなくても、それには関わり無く確率通りに抽選します。

1.3.5 オカルト思考からの脱却

なぜオカルト思考に陥ってしまうのか。その原因は無知からきます。ロシアでは未だに、天動説を信じている人が50%いると言われてます。わけのわからない迷信を信じることは全て無知からきます。

ウソの情報を掲載する雑誌、詐欺攻略販売会社、知ったかフリするおばちゃん、などの存在なども一因でしょう。

正しく確率を理解するより、好不調の波を読む(フリ)や、爆裂台を予想する(フリ)のほうが簡単だからではないでしょうか。

1.3.6 パチンコの断捨離

断捨離とは、断:断つ、捨:捨てる、離:離れる ことです。

これをやると、価値感・人生観が変わり、別の人生が歩めます。

まず、財布の断捨離して下さい。どうでも良いレシート類、溜まる見込みのないポイントカード、ボツッタクリ点の会員カード、借入可能なクレジットカード、考えもせずに全てすてて下さい。

万一の現金不足のに備えた借入可能なカードの新規登録なんかは全く論外です。

また、ボッタ店の会員カードは換金可能分は精算し、残りはお菓子などに代え、全部精算し、カード廃棄後、2度と近寄らないようにしましょう。

ここまですれば借金してまで、パチンコすることはできなくなります。

借金ある人は、ちゃんと働いて返すだけです。借金抱えるだけで、生きていても全く面白くありません。そのような生活を繰り返す、返しきれず自己破産、自殺するのは本人の勝手です。

自分の人生観に照らして、続けていくか、終わりにしようか考えて、決めて下さい。

少子高齢化、先の地震、1000兆円の国債。どみても、今後の福祉環境はバラマキとはなりません。

年金も納めてない方、この先どうされますか。年とって、全く働けなくなつても、生活保護は受けられるとは思いません。ホームレスになるしかありません。

次にパチンコの断捨離

は、オカルト、インチキ攻略法といつた、無意味な情報を断つことです。てるのは過去の記憶です。運よく大型連チャンしてたとかの記憶です。それに頼って、負けがこんだ時にイチカバチカの一発勝負で逆転を狙う。ますます泥目にはまります。

« 立ち回り1.5 立ち回りの基本は標準偏差分析 | トップページ | 立ち回り2.2 正規化大当り確率、機種の荒さ、射幸性と収束 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立ち回り1.5 立ち回りの基本は標準偏差分析 | トップページ | 立ち回り2.2 正規化大当り確率、機種の荒さ、射幸性と収束 »

無料ブログはココログ